ゲーミングデバイス

【デスクツアー】ゲーミングブロガーのロマンあふれる環境をご紹介

ゲーム好きな人のデスク環境ってどんな感じなのでしょうか?どういったデバイスを使っているのか知りたいので、今使っている

といった悩みにお答えします。

 本記事の内容

  • デスク環境
  • PC・周辺デバイス
  • その他

 本記事の信頼性

 りょーた(@ryotablogger

デスク環境を整えておくことで、ブログ作業やゲームを快適に行うことができます。

とはいえ、「ブロガーでゲーマーのデスク環境ってどんなデバイスを使っているんだろ?」「ゲーマーに必要なデスク環境を知りたい!」と思っている方は多いのではないでしょうか?

今回は、ゲーミングブロガーのデスク環境を徹底解説していきます。

本記事を読むことで、ブロガーでもゲーマーでも最強のデスク環境を構築することができます。

ゲーマーならではの最高のゲーム環境となっているので、「これからゲーミング環境を作っていきたい!」という方は是非参考にしてみてください。

ゲーマーならではの最高のゲーム環境となっているので、これから
りょーた

また、僕が設定しているおしゃれな動く壁紙については、以下の記事で解説しているのでチェックしてみてください。

あわせて読みたい
【動く壁紙】Wallpaper Engine(Steam)のダウンロードから使い方を解説

続きを見る

デスク環境

まずは、メインとなるデスク環境についてご紹介していきます。

  1. デスク:IKEA  マルムデスク
  2. ゲーミングチェア:AKRacing Pro-X V2

1つずつ見てきましょう。

デスク:IKEA マルムデスク

机は、IKEAのマルムデスクを使っています。

パソコンやモニターを複数置きたかったことと、荷物が多かったので、L字でおける大きめのデスクを購入しました。

使わない場合は、中にしまうこともできますが、僕はデスク下のスペースにも収納したいので引き出したままにして使っています。

プリンターや書籍が多い方にもおすすめです!
りょーた

チェア:AKRacing Pro-X V2

②椅子:AKRacing Pro-X V2

椅子は、AKRacingの「Pro-X V2」というゲーミングチェアを使っています。

以前は、GTRACINGのGT909というオットマン付きのゲーミングチェアを使用していましたが、更なる上を目指して購入しました。

GT909も通常のオフィスチェアと比べてとても座りやすく、長年悩まされた腰痛も改善することができましたが、Pro-X V2のフカフカな座り心地には負けてしまいます。

値段は高いけど、長時間のデスクワークやゲームには最適な椅子となっています。

あわせて読みたい
【AKRacing Pro-X V2 レビュー】ゆったりサイズでふかふかの座面が最高!

続きを見る

また、コスパ重視ならGTRACINGのゲーミングチェアがおすすめです。

あわせて読みたい
【GTRACING GT909 レビュー】オットマンが快適で仮眠可能!初めてのゲーミングチェアにおすすめ

続きを見る

PC・周辺デバイス

続いては、PC・周辺デバイスをご紹介します。

  1. PC:GALLERIA XF
  2. メインモニター:BenQ ZOWIE XL2411K
  3. サブモニター:BenQ MOBIUZ EX2510S
  4. モニターライト:BenQ ScreenBar
  5. モニターアーム:Amazonベーシックモニターアーム デュアル
  6. マウス:Logicool G703h
  7. キーボード:Logicool G913 TKL
  8. リストレスト:HyperX Wrist Rest
  9. マウスパッド①:Logicool G840
  10. マウスパッド②:Logicool G POWERPLAY
  11. ヘッドセット:Logicool G PRO X Wireless
  12. スピーカー:Logicool G560
  13. オーディオインターフェース:YAMAHA AG03
  14. コンデンサーマイク:audio-technica AT2020
  15. マイクアーム:Roycel(ポップガードセット)

1つずつ見てきましょう。

PC:GALLERIA XF

PCは、ドスパラの「GALLERIA XF」というゲーミングPCを使用しています。

詳しいスペックは以下の通りです。

 GALLERIA XFのスペック

CPUCore i7-9700F
メモリー16GB
ストレージ512GB PCIe SSD + 2TB HDD
GPURTX 2070 SUPER (8GB)
  

現在は販売が終了して後継機が出ているのですが、超コスパが良く、ドスパラでも人気No.1となっていたものに、電源を変更したりと多少カスタマイズしています。

ブログだけでなく、ゲームをしたり、動画編集などもしたかったのでゲーミングPCを購入したのですが、ぶっちゃけできないことはないので重宝しています。

2年ほど使用しているのですが、ケースが今風ではないのと、CPUクーラーを簡易水冷に変更したいので近々変更予定です。

ゲーミングPCだとゲームだけでなく、ブログや動画編集もサクサク作業できるのでマジ快適です!
りょーた

メインモニター:BenQ ZOWIE XL2411K

 

メインモニターはゲーム用に使っているのですが、BenQの「ZOWIE XL2411K」を使用しています。

リフレッシュレートは、144Hzで応答速度も1msとなっているのでFPSゲームにおいて何不自由のないスペックとなっています。

モニターサイズも24インチとゲームには最適なモニターサイズです。

また、なんといってもこのスペックで30,000円を切るのは、超優秀でコスパ最強となっているので、大満足しています。

ゲーミングモニターを買いたいけどどれを買えばいいのか分からない方には、とりあえずこれを買っておけば間違いないというぐらいおすすめです!
りょーた

サブモニター:BenQ MOBIUZ EX2510S

 

サブモニターはブログを書いたり、映画を見たりするときに使っているのですが、ASUSのモニターを使用しています。

こちらも、リフレッシュレートは165Hzで応答速度も1msとなっているので、ゲームをするにも快適です。

ただし、IPSパネルでDyAcが搭載されていないので、FPSをやる際には、メインモニターとして使っている「ZOWIE XL2411K」には劣ります。

とはいえ、スペック的には申し分のないモニターとなっています。

FPS以外のゲームで映像美を楽しんだり、映画を見たりするのには最高です!
りょーた

モニターライト:BenQ ScreenBar

モニターライトは、超定番の「BenQ ScreenBar」を使っています。

「モニターライトって必要?」とか思っていましたが、「なんで今まで買わなかったんだ!」と思ってしまうほど、めちゃくちゃ便利です。

自分の好きな明るさや色味に変更できるのはもちろんのこと、自動で明るさを調節してくれる機能も付いています。

また、スタンドを置く必要がないので、デスク上をすっきりさせたいといったニーズにも答えています。

BenQ ScreenBarを使っている人で買って後悔したと言っているいう人は聞いたことがないですね。

買わなきゃ損!っていうぐらいおすすめですね!
りょーた

モニターアーム:Amazonベーシック モニターアーム デュアル

モニターアームは、Amazonベーシックモニターアームのデュアルタイプを使用しています。

見ての通り、モニターの足がなくなるため、デスクがスッキリして、モニター下にスペースが出来ます。

単純に、モニターが浮いているようでカッコいいのと、自由自在に動かすことができるので、1つは横置き、もう1つは縦置きとブログ環境には最適なモニター配置にすることができます。

作業スペースを広げたい方におすすめです。

デスクスペースが劇的に変わります!
りょーた

あわせて読みたい
no image
【Amazonベーシック モニターアーム レビュー】デスクの上がスッキリ!作業効率も上がるおすすめのモニターアーム

続きを見る

マウス:Logicool G703h

 

マウスは、Logicool Gの「G703h」を使っています。

Logicool G703hは、APEXでも有名な「Rasさん」も使っているゲーミングマウスです。

左右非対称で、大きめで掴みやすく、ワイヤレスなので煩わしいケーブルがありません。

ワイヤレスですが、Logicool G独自の技術「LIGHTSPEED」が搭載されているので、遅延は全く気になりません。

お値段も8,000円を切っているので、コスパも抜群に良いです。

値段が安くて、コスパの良いゲーミングマウスならG703hがまじでおすすめ!
りょーた
あわせて読みたい
【Logicool G703h レビュー】Rasさん使用!大きめの非対称で抜群の掴みやすさ!

続きを見る

キーボード:Logicool G913 TKL

 

キーボードは、Logicool Gの「G913 TKL」を使っています。

Logicool G913 TKLは、Logicool Gのキーボードの中で最高級のゲーミングキーボードとなっています。

性能はもちろんのことですが、とにかく見た目がかっこいい。

画像では伝わりにくいですが、デザインや本体の質感の高級感が半端なく、値段は高いですが、それ以上の価値がある1品です。

数多くのプロゲーマーも愛用していて、打鍵感も良く、ゲームに邪魔なテンキーがないので、ゲーマーには喉から手が出るほど欲しいと思わせるゲーミングキーボードとなっています。

 

リストレスト:HyperX Wrist Rest

リストレスト:HyperX Wrist Rest

リストレストは、Kingstonの「HyperX Wrist Rest」を使用しています。

HyperX Wrist Restは、ひんやりジェルが注入されていて、手触りもサラサラで汗でぺたぺたくっつく心配がありません。

また、クッション性も抜群で、ちょうど良いプニプニ感で、一度使ったらリピ買いしてしまうこと間違いなしの快適さを誇っています。

手首が疲れるという方には迷わずこれをすすめします。

気持ちよすぎてほんとクセになります!
りょーた
あわせて読みたい
【HyperX Wrist Rest レビュー】ひんやりして快適!手首の疲れを軽減してくれる優れもの!

続きを見る

マウスパッド①:Logicool G840

1つめのマウスパッドは、Logicool Gの「G840」を使用しています。

国内では未発売だったのですが、ついに2021年8月26日に購入が決定したので即買いしました。

サイズ感も大き過ぎず、マウスの滑りが良く、デザインは右下にロゴがワンポイントであるだけのシンプルなデザインですが主張し過ぎないので、他のデバイスとも相性抜群です。

大きめのデスクマットを探しているという方やローセンシの方には最適です!
りょーた
あわせて読みたい
【Logicool G840 レビュー】これを待っていた!大判でシンプルなゲーミングマウスパッド

続きを見る

マウスパッド②:Logicool G POWERPLAY

2つめのマウスパッドは、LogicoolGの「POWERPLAY」を使用しています。

Logicool Gのワイヤレスタイプのゲーミングマウスは、30~60時間もの連続使用が可能となっていますが、それでもこまめな充電が必要となります。

しかし、POWERPLAYなら、ワイヤレス充電が可能となっているので、ワイヤレスマウスの電池残量を気にせず、ゲームやブログに集中できます。

また、遅延がないので長時間のゲームには最適です。

あわせて読みたい
【Logicool G POWERPLAY レビュー】乗せるだけ充電がすごい!ワイヤレスマウス対応のゲーミングマウスパッド

続きを見る

ヘッドセット:Logicool G PRO X Wireless

ヘッドセットは、LogicoolGの「PRO X Wireless」を使用しています。

LogicoolGの中でも最高級のプロ仕様でワイヤレスとなっているゲーミングヘッドセットとなっています。

有線と比べるとバッテリーが内臓されているので、重さは増えますが、個人的には特に気になりません。

密閉型なので、外部の音を遮断してくれるので、ゲームオンに集中することができます。

また、定位感もよく、FPSで重要な足音もはっきりと聞くことができます。

さらに、G HUBを使えば、イコライザ―の設定も自由に設定することができるので、何不自由はありません。

値段はお高めですが、本気でゲームをするならマジでおすすめです!
りょーた

スピーカー:Logicool G560

スピーカーは、LogicoolのG560を使っています。

ちょっとお値段が高めですが、Logicool Gのゲーミングデバイスと同期してライティングするのもそうですが、何より音がすごくいい。

デスク上にあるのは、サテライトスピーカーになるのですが、足元にもサブウーファーを置いているので、重低音がド迫力すぎて感動します。

YouTubeや映画を観たり、作業しながら音楽を聴くときに大活躍しています。

Logicool G好きならまじで買いです!
りょーた

あわせて読みたい
【Logicool G560 レビュー】大迫力の重低音がやばすぎる!ライティングもかっこいいゲーミングスピーカー

続きを見る

オーディオインターフェース:YAMAHA AG03

オーディオインターフェースは、YAMAHAのAG03を使用しています。

ゲーム配信者が使う超定番で人気のオーディオインターフェースがまさにこのAG03です。

使い方も簡単で、

  1. PCにUSB接続
  2. ドライバーのインストール
  3. 本体にヘッドセットを接続
  4. 電源を入れる
  5. PCの設定を変更する

といった感じですぐに使うことができます。

声にエフェクトをかけたりする場合でも、ボタン1つでできるので初心者でも扱いやすいオーディオインターフェースになっています。

特にゲーム配信をする方には超おすすめです!
りょーた

コンデンサーマイク:audio-technica AT2020

コンデンサーマイクは「audio-technica AT2020」を使用しています。

AT2020は、単一指向性なのでゲーム配信や歌ってみた動画で活躍します。

さらに、お値段も1万円とコスパが良く、たくさんの実況者も愛用している納得のコンデンサーマイクです。

「初心者だけど、音質が良くて、値段が安いマイクが欲しい」という方におすすめです。

マイクアーム:Roycel(ポップガードセット)

マイクアームは、「Roycel(ポップガードセット)」を使用しています。

取り付けも簡単で、ポップガードも付いていて、アームが自由自在に動くので自分の好きな位置に固定させることができます。

ゲーム実況や歌ってみた動画を制作する際にもかなり役立ちます。

また、Amazonのマイクスタンドのカテゴリーでベストセラー1位となっています。

その他

最後に、その他のガジェットをご紹介します。

  1. ヘッドホンスタンド:lomicall ヘッドホンスタンド
  2. ケーブルホルダー:Anker Magnetic Cable Holder

1つずつ見てきましょう。

ヘッドホンスタンド:lomicall ヘッドホンスタンド

ヘッドホンスタンドは、lomicallの「ヘッドホンスタンド」を使用しています。

おしゃれなデスク環境を求めていたので

 

 

ケーブルホルダー:Anker Magnetic Cable Holder

ケーブルホルダーは、Ankerの「Magnetic Cable Holder」を使用しています。

僕の場合、スマホの充電器やワイヤレスのキーボード、ヘッドセットのケーブルが必要となるのですが、これがあることで、ケーブルがぐちゃぐちゃにならずに整理することができています。

また、マグネット式となっているので、使うときは外して、使わない時には土台にくっつけるだけなので、かなりお手軽です。

基本どこにでもくっつくし粘着力もあるので、貼り付け位置を変えることも簡単です!
りょーた

まとめ:

今回は、【デスクツアー】ゲーミングブロガーのロマンあふれる環境をご紹介といった内容を解説しました。

もう一度おさらいをすると、僕が使っているデバイスやガジェットは以下になります。

 使用中のデバイスやガジェット

  1. デスク:IKEA マルムデスク
  2. チェア:AKRacing Pro-X V2
  3. PC:GALLERIA XF
  4. メインモニター:BenQ ZOWIE XL2411K
  5. サブモニター:BenQ MOBIUZ EX2510S
  6. モニターアーム:Amazonベーシックモニターアーム
  7. マウス:Logicool G703h
  8. キーボード:Logicool G913 TKL
  9. リストレスト:HyperX Wrist Rest
  10. マウスパッド①:Logicool G840
  11. マウスパッド②:Logicool G POWERPLAY
  12. ヘッドセット:Logicool G PRO X Wireless
  13. スピーカー:Logicool G560
  14. オーディオインターフェース:YAMAHA AG03
  15. コンデンサーマイク:audio-technica AT2020
  16. マイクアーム:Roycel(ポップガードセット)
  17. ヘッドホンスタンド:lomicall ヘッドホンスタンド
  18. ケーブルホルダー:Anker Magnetic Cable Holder

上記の通り、デバイスは全てLogicool Gのゲーミングデバイスでまとめていますが、プロゲーマーやゲーム実況者も使っているものです。

今後もさらにアップデート予定なので、気になる方は随時チェックしてみてください。

また、ゲーム好き女子(みほ)のデスク環境も作っていくので、お楽しみに!

-ゲーミングデバイス