ゲーミングマウスパッド

【ワイヤレス充電が快適】Logicool G POWERPLAYをレビュー

Logicool Gのマウスパッド「POWERPLAY」を購入しようか悩んでいるのですが、応答速度で遅延とかないのでしょうか?ちょっと高いので、買う価値があるかどうか実際に使っている人の感想を教えてください。

といった悩みにお答えします。

 本記事の内容

  • Logicoolの基本情報
  • Logicool G POWERPLAYのスペック
  • Logicool G POWERPLAYの開封・外観
  • Logicool G POWERPLAYの3つの特徴
  • Logicool G POWERPLAYの使い心地
  • Logicool G POWERPLAYの使い方
  • Logicool G POWERPLAYをG HUBで管理
  • Logicool G POWERPLAYの評判は?【口コミを紹介】
  • Logicool G POWERPLAYを購入する前の2つの注意点
  • Logicool Gを体験できる店舗

 本記事の信頼性


りょーた(@ryotablogger

結論、POWERPLAYを使えばワイヤレスマウスの最大の欠点でもある充電をすることができ、LIGHTSPEEDで全く遅延なく快適にワイヤレスマウスを使えるようになります。

とはいえ、「POWERPLAYの何がいいの?」「POWERPLAYの遅延が気になる!」と思っている方は多いのではないでしょうか?

今回は、Logicool GのPOWERPLAYを実際に使った感想含め解説していきます。

本記事を読むことにより、コスパ最強は本当なのかといったことを実際に使っているリアルな感想を知ることができます。

ちなみに、僕がPOWERPLAYを購入しようと思った最大の理由は、ワイヤレスマウスの面倒な充電を無くし、快適に何時間でも使い続けられるようにしたかったからです。

POWERPLAYならワイヤレスマウスを超快適に使うことができます!
りょーた

Logicoolの基本情報

Logicoolの基本情報

まずは、「Logicoolとはどんなブランドなのか?」「Logitechとは何が違うのか?」といったことについて解説していきます。

Logicoolってどんなブランド?運営会社は?

メーカーlogicool
創業1988年
日本

上記の通り、Logicoolは、1988年に創業したPC周辺機器やゲーミングデバイスなどのデジタルデバイスを製造・販売をするブランドとなります。

現在ではLogicool Gというゲーミングに特化したデバイスを販売していることで有名ですね。

Logitechとは何が違う?

結論、同じブランドとなります。

では、なぜLogicoolとLogitechの二つの名前が存在するのか?

Logicoolは、スイスで創設された会社となるのですが、1988年に日本法人設立をする際に、既にロジテック株式会社が存在していました。

そのため、「ロジテック・パシフィック」という社名で設立し、1996年に現在の「ロジクール(Logicool)」に改称したという流れとなります。

Logicool G POWERPLAYのスペック

Logicool G POWERPLAYのスペック

今回、僕が購入したLogicoolのゲーミングマウスパッドは、POWERPLAYというワイヤレスマウスの給電を可能にしたマウスパッドで、カラーはブラック、税込19,470円になります。

POWERPLAYの詳しいスペックは以下になります。

 POWERPLAYの基本スペック

価格19,470円(税込)
(Amazon:17,700円)
カラーブラック
サイズ縦321 x 横344 x 厚さ2mm
重さ
接続方法USB
G HUB対応
対応マウスPROX SUPERLIGHT
G502WL
G-PPD-002WLr
G903h
G703h

POWERPLAYはLogicool Gのワイヤレスマウスに対応している、給電機能を備えたゲーミングマウスパッドです。

POWERPLAYとLogicool Gのワイヤレスマウスを組み合わせれば、ワイヤレスマウスの最大の課題である「充電」を全く気にすることなく、永続的にゲームや作業をすることができます。

「ゲーム中に電池が切れてしまった」「また充電しなきゃいけない」といったストレスから解放されます。

Logicool G POWERPLAYの開封・外観

それでは早速開封して、外観を見ていきましょう。

POWERPLAYの同梱内容は以下の通りです。

 POWERPLAYの同梱内容

  • POWERPLAYベース
  • POWERCOREモジュール
  • ハードゲーミングマウスパッド(G440)
  • クロスゲーミングマウスパッド
  • USBケーブル
  • 取扱説明書、保証書、保証規定

上記の内容物が入っているか必ず確認をしましょう。

POWERPLAYの外観は以下の通りです。

 表面

 裏面

 横

また、POWERPLAYには付属として、ハードタイプとソフトタイプのマウスパッドが計2つ付いてくるので、こちらも見ていきましょう。

 表面

 裏面

上記のどちらかのマウスパッドを乗せて使うことができます。

ソフトとハード好みで選べるのがいいですね!
りょーた

Logicool G POWERPLAYの3つの特徴

Logicool G POWERPLAYの3つの特徴

まずは、Logicool G POWERPLAYの特徴を3つご紹介します。

  1. ちょうどいいサイズ
  2. ワイヤレス充電が可能
  3. LIGHTSPEEDワイヤレスに対応

1つずつ解説していきます。

その①:ちょうどいいサイズ

POWERPLAYの本体サイズは縦321mm、横344mmと大き過ぎず小さ過ぎずといった、ちょうどいいサイズ感となっています。

例えば、マウス操作の範囲が広いゲームでも縦横無尽にマウスを動かすことができるので、マウスパッドからはみ出ちゃったということがなくなります。

普通のマウスパッドだと、ちょっと小さいんだよなと思うことがありましたが、そういったことを感じさせません。

マウスパッドの大きさって結構悩みますが、本当に丁度いいです!
りょーた

その②:ワイヤレス充電が可能

POWERPLAY最大の特徴ともいえるワイヤレス充電をすることができます。

Logicool Gで販売中のワイヤレスマウスは1回の充電で最大60時間ほど連続使用ができますが、それでも途中で電池が切れてしまったり、充電が必要だったりします。

しかし、POWERPLAYを使えばマウスを置くだけで、常時充電することができるので、電池残量を気にすることなくマウスを使い続けることができます。

途中で電池が切れてしまうストレスから解放されます!
りょーた

その③:LIGHTSPEEDワイヤレスに対応

POWERPLAYは、LIGHTSPEEDワイヤレスに対応しているので、遅延がありません。

Logicoolのワイヤレスマウスは、有線よりも速いという特徴がありますが、POWERPLAYを使っても遅延が起こることなくマウスを操作することができます。

FPSなどの反応速度が速くなければならないゲームでも遅延を気にせず快適にゲームを楽しむことができます。

全く遅延を感じないのでノンストレスです!
りょーた

Logicool G POWERPLAYの使い心地

Logicool G POWERPLAYの使い心地

POWERPLAYの使い心地は「楽すぎてやばい」の一言に尽きます。

マウスはG703hを使っているのですが、電池がなくなりそうになったら有線接続して充電しながらマウスを使ったり、充電し忘れたときにはゲーム中や作業中でマウス操作ができなくなって困ったことが何度もあります。

特にゲームをやっているときでしかも、すごく集中できていい感じのときに電池切れを起こしたときには、テンションがた落ちです。

しかし、POWERPLAYを使えばそういった心配もなく何時間でもゲームや作業に没頭できるので最高です。

 他のマウスパッドでも可能

今まで使っていたマウスパッドや新しく購入したマウスパッドでも使用可能となっています。

また、2枚乗せた状態でも反応するので、以下に性能が高いのかが分かります。

枚数が多くなると反応も弱くなるので注意

ワイヤレスマウスの面倒な充電不要で遅延なし!最強ですね!
りょーた

Logicool G POWERPLAYの使い方

Logicool G POWERPLAYの使い方

Logicool G POWERPLAYの使い方をご紹介します。

  1. マウスにPOWERCORE充電モジュールを取り付ける
  2. POWERPLAY本体にUSBケーブルを接続
  3. USBケーブルをパソコンに接続

とても簡単ですが、1つずつ手順に沿って解説していきます。

手順①:マウスにPOWERCORE充電モジュールを取り付ける

まずは、POWERPLAYに同梱されている「POWERCORE充電モジュール」を取り付けていきましょう。

今回はG703hを使っていきます。

マウスの裏面の印の部分をちょっと強めに押し込んで、ロゴ付きのフタを外してください。

フタを外したら、POWERCORE充電モジュールを取り付けてください。

手順②:POWERPLAY本体にUSBケーブルを接続

次に、POWERPLAY本体に同梱されているUSBケーブルを接続していきます。

ちなみに故障の原因にもなるので、USBケーブルは同梱されているもの以外は使わないようにしましょう。

手順③:USBケーブルをパソコンに接続

最後にUSBケーブルをパソコンに接続しましょう。

これでパソコン起動時には、マウスを乗せるだけで充電をすることができます。

ちなみに、充電しているときには白いLEDが転倒します。

 充電しているとき

 充電していないとき

上記のような感じで、充電しているときとしていないときは分かりやすくなっています。

また、ワイヤレスマウスのみで使っていたときのレシーバーとケーブルは不要ですので、無くさないようにしまっておきましょう。

たったこれだけですぐに使用可能となるのでとても簡単ですね!
りょーた

Logicool G POWERPLAYをG HUBで管理

POWERPLAYをG HUBで管理

POWERPLAYは、Logicool Gのゲーミングデバイスを一括管理できるソフトウェア「G HUB」にも対応しています。

「G HUB」では、以下のようなことができます。

 G HUBでできること

  • LEDの発光パターンの変更
  • マウスやキーボードのライティングと同期
  • マウスが正しく認識されているかを確認

もちろん無料でインストールして使うことができるので、POWERPLAYだけでなく、Logicool Gの製品を持っている方は導入必須です。

>> G HUBをダウンロードする

G HUBを使えば、細かい設定も自由自在にできますよ!
りょーた

G HUBについては、【最新版】Logicool G HUBの使い方完全ガイド【全デバイスあり】で詳しく解説しているのでチェックしてみてください。

【最新版】Logicool G HUBの使い方完全ガイド【全デバイスあり】

続きを見る

Logicool G POWERPLAYの評判は?【口コミを紹介】

Logicool G POWERPLAYの評判は?【口コミを紹介】

POWERPLAYの評判はどうなのかを実際に使っている方の口コミをまとめました。

良い口コミ、悪い口コミの両方掲載しているので参考にしてみてください。

良い口コミ

まずは、良い口コミをご紹介します。

上記の通り、自動で充電してくれるのでストレスなくマウス操作できるのが高評価となっています。

悪い口コミ

次に、悪い口コミをご紹介していきます。

上記の通りで、ゲームや環境によっては互換性が悪かったりするようです。

また、大判のマウスパッドを使っている方からしたらかなり小さく感じます。

Logicool G POWERPLAYを購入する前の2つの注意点

Logicool G703hを購入する前に、以下の1つには注意しておきましょう。

  1. 金属性の机では本来の力を発揮できない
  2. 場所によっては反応しない箇所がある
  3. マウスパッドにしては値段が高い

1つずつ解説していきます。

その①:金属性の机では本来の力を発揮できない

POWERPLAYは、電磁誘導という仕組みでマウスを充電するため金属製の机では、本来の力を発揮できない可能性があります。

電磁誘導とは、磁界の変化によってコイルに電流が流れる現象のことを言います。

そのため、金属製の机を使ってる場合には、最大のパフォーマンスができない可能性があるので、机を金属製以外のものに変える必要が出てきます。

僕は、ニトリで購入した材質が木の机を使っていますが、POWERPLAYを置く場所が金属の場合には要注意です。
りょーた

その②:場所によって反応しない箇所がある

POWERPLAYは、場所によって反応しない箇所があります。

以下は、マウスに付けたモジュールが反応する箇所を示しています。

 

上記の通り、POWERPLAY側の端っこでは反応しないということが分かります。

ですので、マウス操作を端っこでするというのが癖ついている人は真ん中に近い所でマウスを操作するように気を付ける必要があります。

大きめなマウスパッドにしては、給電範囲が狭いのがちょっと残念ですね。
りょーた

その③:マウスパッドにしては値段が高い

POWERPLAYはお値段が税込19,470円とかなりお高めとなっています。

以下はLogicool Gで販売されているマウスパッドを比較した表です。

 Logicool Gの全マウスパッド比較

画像
商品名POWERPLAYG240G440G640
価格(税込)19,470円1,980円3,080円3,520円

ワイヤレス充電機能が付いているのでしょうがないとは思いますが、マウスパッドとしてみると圧倒的に値段が高いですね。

僕みたいに安いマウスパッドを使っていた人にとっては、すぐに買えるような値段ではないです。

僕はおこずかい制なので、ちょっとずつ貯めて購入しました!
りょーた

Logicool G POWERPLAYのセール情報

残念ながら、Logicool G POWERPLAYはセールで安くなることがありません。

とはいえ、その他のLogicool Gのゲーミングデバイスはセール対象になるものも多数あるので、POWERPLAYだけでなくLogicoolの商品を集めたい方は要チェックです。

1円でも安く購入したい方はチェックしておきましょう!
りょーた

Logicool Gのセール情報については、以下の記事で詳しく解説しているのでチェックしてみてください。

あわせて読みたい
no image
【最安値】Logicool Gのセールはいつ?1円でも安く買う方法

Logicool Gを体験できる店舗

Logicool Gのゲーミングデバイスを体験できる店舗は、以下の2店舗になります。

  1. ソフマップAKIBA2号店【秋葉原】
  2. ビックカメラ池袋本店パソコン館【池袋】

気になる方は、一度足を運んでみてください。

ソフマップAKIBA2号店【秋葉原】

営業時間月~日
11:00~16:00(ランチタイム)
16:00~0:00(ディナータイム)
住所札幌市中央区南3西4-16JBOXビル 3F
TEL011-215-0098
公式HPhttps://e-revo.online/

ビックカメラ池袋本店パソコン館【池袋】

営業時間月~日
11:00~16:00(ランチタイム)
16:00~0:00(ディナータイム)
住所札幌市中央区南3西4-16JBOXビル 3F
TEL011-215-0098
公式HPhttps://e-revo.online/

まとめ:Logicool G POWERPLAYならワイヤレスマウスが快適!

今回は、【ワイヤレス充電が快適】Logicool G POWERPLAYをレビューといった内容を解説しました。

もう一度おさらいをすると、今回、POWERPLAYのレビューした内容は以下の通りです。

 POWERPLAYのレビュー内容

  • Logicool G POWERPLAYのスペック
  • Logicool G POWERPLAYの開封・外観
  • Logicool G POWERPLAYの3つの特徴
  • Logicool G POWERPLAYの使い心地
  • Logicool G POWERPLAYの使い方

唯一のデメリットといえば、値段が高いということです。

Logicool Gで扱っている通常のマウスパッドなら、1,500円ほどで買えてしまうので、およそ12倍の価格となります。

とはいえ、Logicool Gのワイヤレスマウスを使うのであれば、買って損はありませんし、毎月たったの1,622円貯金すれば1年で買うことができます。

Logicool Gのワイヤレスマウスを存分に使いたいのであればPOWERPLAYはセットで購入するのをおすすめします。

-ゲーミングマウスパッド
-