NFTアート

【簡単】NFTアートの始め方を初心者向けに5つの手順で解説

NFTアートを始めようと思っているのですが、何をすれば良いのでしょうか?初心者でも分かるように教えてください。

といった悩みにお答えします。

 本記事の内容

  • 【簡単】NFTアートの始め方を初心者向けに5つの手順で解説

 本記事の信頼性

 りょーた(@ryotablogger

NFTアートは誰でも簡単にすぐ始めることができます。

とはいえ、「NFTアートの始め方が分からない。」「初心者でも分かるように教えてほしい!」と思っている方は多いのではないでしょうか?

今回は、NFTアートの始め方について解説していきます。

本記事を読むことで、誰でもNFTアートを始めることができます。

NFTアートは、NFTで稼ぐための1つの方法ですが、始めるまでのハードルが高いと思われがちです。

とはいえ、本記事を読みながら進めていけば失敗せずに始めることができるので是非参考にしてみてください。

1つずつ見ながら進めて行きましょう!
りょーた

【簡単】NFTアートの始め方を初心者向けに5つの手順で解説

【簡単】NFTアートの始め方を初心者向けに5つの手順で解説

NFTアートの始め方は、以下の手順になります。

 NFTアートの始め方

  1. 国内の暗号資産取引所で口座開設する
  2. MetaMaskでウォレットを作成する
  3. MetaMaskにコインを送金する
  4. Openseaでアカウントを作成する
  5. NFTアートを作って販売・購入

上記の通りです。

次から1つずつ詳しく解説していきます。

初めての方でも簡単にNFTアートを始めることができますよ!
りょーた

手順①:国内の暗号資産取引所で口座開設する

手順①:暗号資産取引所で口座開設する

まずは、国内の暗号資産取引所で口座を開設していきます。

僕がおすすめする国内の暗号資産取引所は、以下の3つです。

 おすすめの国内の暗号資産取引所

ちなみに、3つの暗号資産取引所の特徴は、以下になります。

暗号資産取引所購入方法特徴
コインチェック【初心者向け】販売所取扱い通貨数No.1でスマホで簡単に取引ができるので、初心者向け。
NFTマーケットも用意されているので、NFTの売買もすぐにできる。
bitbank取引所低予算で取引することができるが、送金手数料がかかるので、仮想通貨をガチホする方向け。
GMOコイン取引所送金する際に0.1ETH(50,000円)以上の金額が必要だけど、送金手数料が無料となるので、NFTゲームなどで仮想通貨を頻繁に送金する方向け

※スマホの方は右にスライドできます。

上記の通り、初心者の方で簡単にすぐ仮想通貨を購入するなら「Coincheck」予算は少ないけど取引時の手数料を抑えたい方は「bitbank」0.1ETH以上の取引きをするかつ仮想通貨を頻繁に送金する方は「GMOコイン」といった感じで選べばOKです。

どれも、10分ほどで簡単に口座を無料で開設することができるので、目的に応じて使い分けてみるといいかもしれません。

また、万が一に備えて資産を分散しておくことで、リスクを最小限に備えることができます。

今回は、初心者向けのコインチェックですすめていきます。

【完全無料】Coincheckの口座を開設する5つの手順

【完全無料】Coincheckの口座を開設する5つの手順

続きを見る

手順②:MetaMaskでウォレットを作成する

手順②:MetaMaskでウォレットを作成する

続いては、MetaMaskでウォレットを作成していきます。

MetaMaskは、仮想通貨を入れておける財布のようなものです。

全世界で100万人以上のユーザーが利用していて、Googleの拡張機能として使うことができるので、安心できます。

MetaMaskの偽サイトによる被害が出ているので、間違えないようにご注意ください。

>> MetaMask公式サイト

※上記のURLは、MetaMaskの公式サイトなので安全です

MetaMaskの登録方法については、【完全版】MetaMaskの登録方法から使い方までを徹底解説!で詳しく解説しています。

【完全版】MetaMaskの登録方法から使い方までを徹底解説!

続きを見る

手順③:MetaMaskにコインを送金する

手順③:MetaMaskにコインを送金する

続いては、MetaMaskにコインを送金していきます。

手順としては以下の通りです。

 MetaMaskにコインを送金する手順

  1. 国内仮想通貨取引所でイーサリアムを購入する
  2. 国内仮想通貨取引所で購入したイーサリアムを送金する

NFTの売買では「イーサリアム(ETH)」という通貨が必要となるので、イーサリアムを購入していきます。

MetaMaskにコインを送金する手順については、登録した国内の仮想通貨取引所に併せて、以下の記事をご覧ください。

【超簡単】コインチェックでイーサリアムを購入してMetaMaskに送金する方法

【超簡単】コインチェックでイーサリアムを購入してMetaMaskに送金する方法

続きを見る

手順④:Openseaでアカウントを作成する

手順④:Openseaでアカウントを作成する

続いては、Openseaでアカウントを作成していきましょう。

Openseaは、NFTの売買を行うことができる「NFTマーケット」のことです。

無料で簡単にNFTアートを売買することができるので、クリエイターの方は、Openseaは登録必須です。

Openseaの登録方法については、【簡単】5分でできるOpenseaの始め方【初心者向け】で詳しく解説しています。

【超簡単】5分でできるOpenSeaの始め方

続きを見る

手順⑤:NFTアートを作って販売・購入

手順⑤:NFTアートを販売・購入

最後に、NFTアートを販売したり、購入したりしてみましょう。

NFTアートは以下のアプリを利用すれば簡単に作ることができます。

 NFTアートを作るためのおすすめアプリ3選

  1. 8bit Painter(ドット絵)【タブレット・スマホ】
  2. Pixelable(動くドット絵)【タブレット・スマホ】
  3. EDGE【PC】

上記のアプリを使って、NFTを作成したら実際に販売していきましょう。

NFTアートの販売や購入方法については、【初心者向け】NFTアートとは?販売方法や購入の仕方を全て解説で詳しく解説しています。

とはいえ、「NFTアートなんか作ったことがないから上手くできるか心配」という方は、NFTアート以外の販売も検討してみるといいかもです。

ぶっちゃけ「なんでも売れる」ので試しに出品してみるのもありかもです。

NFTで売れるものについては、【結論】NFTならなんでも売れます!販売方法も解説で解説しているので、併せてチェックしてみてください。

【結論】NFTならなんでも売れます!販売方法も解説

続きを見る

まとめ:NFTアートは誰でもすぐに始められます

まとめ:NFTアートは誰でもすぐに始められます

今回は、「【簡単】NFTアートの始め方を初心者向けに5つの手順で解説」といった内容を解説しました。

もう一度おさらいをすると、NFTアートの始め方は、以下の手順になります。

 NFTアートの始め方

  1. 暗号資産取引所で口座開設する
  2. MetaMaskでウォレットを作成する
  3. MetaMaskにコインを送金する
  4. Openseaでアカウントを作成する
  5. NFTアートを作って販売・購入

上記の通りです。

NFTアートでは、小学生が自由研究に書いた絵に380万円の値がついていたりと、バブルのような状態となっています。

NFTはかなり注目されていますが、まだまだ日本では認知されておらず、10%程度の人しか知りません。

参入者も少ないので、今のうちに初めて先行者利益を獲得しましょう。

-NFTアート