NFT

【結論】NFTならなんでも売れます!販売方法も解説

NFTを売ってみたいのですが、NFTって何がうれるのでしょうか?あとNFTを販売する方法を教えてください。

といった悩みにお答えします。

 本記事の内容

  • 【結論】NFTならなんでも売れます!
  • NFTで売れるもの【実例あり】
  • NFTを販売する方法【アート出品】

 本記事の信頼性

 りょーた(@ryotablogger

NFTは、デジタルデータであれば何でも売ることができます。

とはいえ、「NFTってどういったものが売れているんだろう?」「NFTの販売方法を知りたい!」と思っている方は多いのではないでしょうか?

今回は、NFTで売れるものについて解説していきます。

本記事を読むことで、初めての方でもNFTで何が売れるかを知ることが出来ます。

NFTで実際に売れたものを詳しく解説しているので、どういったものが売れるのか知りたい方は、参考にしてみてください。

「え?こんなものも売れるの!?」といったものばかりなので、びっくりします!
りょーた

【結論】NFTならなんでも売れます!

【結論】NFTならなんでも売れます!

結論からお伝えすると、NFTならなんでも売れます。

具体的には以下のようなものです。

 本記事の内容

  • 音声
  • 音楽・音源
  • 動画
  • 写真
  • 土地
  • アート
  • イラスト
  • ゲーム内アイテム

上記の通りです。

ただし、1つ条件として「デジタルである」ということが必須となってきます。

例えば、「今持っている現実の土地を売りたい!」といってもNFTで出品することができないので売ることはできません。

このように、デジタルデータでなければ売ることはできませんが、逆にデジタルデータであれば何でも売れるということなのです。

次項ではどんなものが売れるのかを解説してみますが、OpenSeaで今販売されているものも確認できるので、チェックしてみてもいいかもしれません!
りょーた

NFTで売れるもの【実例あり】

NFTで売れるもの【実例あり】

続いては、NFTで売れるものを実例ありでご紹介していきます。

  1. 小学生の自由研究
  2. 初めてのツイート
  3. メタバース(仮想空間)上の土地
  4. 音源や音楽
  5. デジタル上の履けないスニーカー

1つずつ解説していきます。

その①:小学生の自由研究

1つめは、NFTに関心がなくても知っている人も多いのですが、「小学生の自由研究」がなんと380万もの金額で売れたということです。

自由研究でといっても

 

 

その②:初めてのツイート

2つめもかなり話題になりましたが、TwitterとSquareのCEOである「ジャック・ドーシー」という方の始めてのTweetが、250万ドル(日本円にして約3億円)もの値がつきました。

「え?ツイートしただけだよね?」と思いましたが、ジャック・ドーシーだから売れたということも理由かもしれません。

とはいえ、ツイートに価値さえあれば、売れる可能性は十分にあります。

その③:メタバース(仮想空間)上の土地

3つめは、メタバース(仮想空間)上の土地です。

上記のようにアディダスが、The Sandboxというゲームの中で土地を購入したことが大きなニュースとなっています。

また、NFTのマーケットである「OpenSea」でも高額で売買されているので、メタバースの土地は今後も需要があり、高騰するとみられます。

その④:音源や音楽

4つめは、「音源や音楽」です。

上記のように、音源や音楽を販売することも可能です。

また、最近ではミック・ジャガーがNFT作品として、コラボ曲を出品したことでも有名です。

その⑤:デジタル上の履けないスニーカー

5つめは、「デジタル上の履けないスニーカー」です。

3DCGを使って開発されたもので、この履けないスニーカーに約124万円もの値が付きました。

しかも販売開始からたったの9分ほどで売れてしまっているので、履けなくても唯一無二の価値があるところに魅かれる方もいるようです。

個人的にはスニーカーは履くものだと思っていますが、一部のコレクターにはとても人気があるようですね!
りょーた

NFTを販売する方法【アート出品】

NFTを販売する方法【アート出品】

NFTでもっとも人気のある「NFTアート」を販売する方法をご紹介していきます。

 NFTアートを販売する手順

  1. 暗号資産取引所で口座開設する
  2. MetaMaskでウォレットを作成する
  3. MetaMaskにコインを送金する
  4. Openseaでアカウントを作成する
  5. NFTアートを作って販売する

上記の通りです。

やることは多いですが、【簡単】NFTアートの始め方を初心者向けに5つの手順で解説を見ながら進めていけば、初めての方でも失敗することはないですよ。

実際のやり方をスクショしながら解説しているので、見ながらその通りに進めて行くだけなので簡単です!
りょーた
【超初心者向け】NFTの買い方を5つの手順で解説

続きを見る

まとめ:NFTはなんでも売れるので挑戦してみよう!

まとめ:NFTはなんでも売れるので挑戦してみよう!

今回は、「【結論】NFTならなんでも売れます!販売方法も解説」といった内容を解説しました。

もう一度おさらいをすると、NFTならなんでも売れるのですが、今まで売れた実例は以下になります。

 NFTアートで売れるもの【実例】

  1. 小学生の自由研究
  2. 初めてのツイート
  3. メタバース(仮想空間)上の土地
  4. 音源や音楽
  5. デジタル上の履けないスニーカー

上記の通り、デジタルのものであれば、ぶっちゃけなんでも売ることが出来ます。

なので、NFTで稼ぎたいという方は、とりあえずなんでもいいので出品してみるのもありです。

特に、NFTアートは初心者の人でも始めることができますし、頑張れば、1枚数万で売ることも可能です。

悩んだらまずは挑戦してみましょう。

NFTアートの始め方については、【簡単】NFTアートの始め方を初心者向けに5つの手順で解説で詳しく解説しているので、見ながら進めていけばすぐに始めることができます。

【超初心者向け】NFTの買い方を5つの手順で解説

続きを見る

-NFT