仮想通貨の積み立て

コインチェックとビットフライヤーを比較した結果…積み立てはどっちがおすすめ?

仮想通貨の積立を始めたいのですが、コインチェックとビットフライヤーってどっちがいいのでしょうか?2つを比較した情報を教えてください。

といった悩みにお答えします。

 本記事の内容

  • コインチェックとビットフライヤーを比較した結果おすすめは?【比較表】

 本記事の信頼性

りょーた(@ryotablogger

結論からお伝えすると、ほったらかしして銀行口座から引き落とししたい方はコインチェック、少額ですぐに始めたい方はビットフライヤーで始めるのがおすすめです。

とはいえ、「仮想通貨を積み立てるならコインチェックとビットフライヤーってどっちがおすすめなの?」「コインチェックとビットフライヤーの比較した情報を教えてほしい!」と思っている方は多いのではないでしょうか?

今回は、コインチェックとビットフライヤーはどっちが仮想通貨の積立におすすめなのかについて解説していきます。

本記事を読むことで、コインチェックとビットフライヤーのどちらで仮想通貨の積み立てを始めるかを決めることができます。

どちらもそれぞれ特徴があるので、違いをしっかりと知った上で積み立てを始めましょう。

自分に合った取引所を選んで始めるといいですよ!
りょーた

コインチェックとビットフライヤーを比較した結果おすすめは?【比較表】

コインチェックとビットフライヤーを比較した結果おすすめは?【比較表】

結論からお伝えすると、コインチェックとビットフライヤーにはそれぞれ違った特徴があるので、以下の当てはまる方を選べばOKです。

上記の通りです。

詳しく以下で比較してみましょう

 コインチェックとビットフライヤーを比較

取引所コインチェックビットフライヤー
取り扱い銘柄16種類
(BTC(ビットコイン)、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM、QTUM、BAT、IOST、ENJ、OMG)
14種類
(BTC、XRP、ETH、LINK、DOT、XTZ、XLM、XEM、BAT、ETC、LTC、BCH、MONA、LSK)
最低金額月1万円~1回1円~
積立開始日最短1~2ヶ月最短翌日
積立頻度毎日/月1毎日/週1/月2/月1
手数料販売所のスプレッド販売所のスプレッド
引き落とし銀行口座の残高取引口座の残高

上記の通り、大きな違いは「最低金額」「積立開始日」「引き落とし」の3つです。

次から、この3つの違いについて1つずつ詳しく解説していきます。

比較➀:最低金額

比較➀:最低金額

1つめは、「最低金額」です。

 最低金額を比較

取引所コインチェックビットフライヤー
最低金額月1万円~1回1円~

上記の通り、コインチェックは月1万円(1日322円)で、ビットフライヤーは1回1円からと、ビットフライヤーの方が圧倒的に少額から始めることができます。

また、コインチェックの場合、1万円単位での設定しかできないので1万円以上を口座に入れておく必要があります。

そのため、超少額から始めたい方は「ビットフライヤー」がおすすめです。

ただし、1円とかで初めても利益率がかなり低く、あまり意味がないので、1万円ぐらいは用意しておくと良いでしょう。

1万円を用意できるなら「コインチェック」でも始めることができます。

1円から始めることもできますが、最低でも1万円は用意しておきましょう!
りょーた

比較②:積立開始日

比較②:積立開始日

2つめは、「積立開始日」です。

 積立開始日を比較

取引所コインチェックビットフライヤー
最低金額最短1~2ヶ月最短翌日

上記の通り、コインチェックは最短1~2ヶ月で、ビットフライヤーは最短翌日からと、ビットフライヤーの方が圧倒的に早く始めることができます。

そのため、「相場が下がっている今がチャンスだからすぐに始めよう!」と思った方は、「ビットフライヤー」がおすすめです。

コインチェックで始めるなら、申請だけしておいて手動で積み立てるのもありですね!
りょーた

比較③:引き落とし

比較③:引き落とし

3つめは、「引き落とし」です。

 引き落としを比較

取引所コインチェックビットフライヤー
引き落とし銀行口座の残高取引口座の残高

上記の通り、コインチェックは銀行口座、ビットフライヤーは取引口座と、コインチェックなら給料を受け取る口座を設定しておけば、自動で引き落としがされます。

逆に、ビットフライヤーは、毎回取引所に入金しておく必要があるので、「入金を忘れてしまった…」といったミスがなくなります。

そのため、銀行口座から引き落としをしてくれる方が良いという方は、コインチェックがおすすめです。

もし、「ビットフライヤーを使いたいけど、毎回の入金を忘れてしまう」という方は、僕が使っているGMOあおぞらネット銀行なら、指定した日に自動でビットフライヤーに入金することができるサービスがあるので、こちらを使ってみるのもありですね。

手間をかけたくないならコインチェックが簡単ですよ!
りょーた

まとめ:コインチェックとビットフライヤーを比較した結果…積み立てはどっちがおすすめ?

まとめ:コインチェックとビットフライヤーを比較した結果…積み立てはどっちがおすすめ?

今回は、「コインチェックとビットフライヤーを比較した結果…積み立てはどっちがおすすめ?」といった内容を解説しました。

もう一度、コインチェックとビットフライヤーを比較した表を再掲しておきます。

 コインチェックとビットフライヤーを比較

取引所コインチェックビットフライヤー
取り扱い銘柄16種類
(BTC(ビットコイン)、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM、QTUM、BAT、IOST、ENJ、OMG)
14種類
(BTC、XRP、ETH、LINK、DOT、XTZ、XLM、XEM、BAT、ETC、LTC、BCH、MONA、LSK)
最低金額月1万円~1回1円~
積立開始日最短1~2ヶ月最短翌日
積立頻度毎日/月1毎日/週1/月2/月1
手数料販売所のスプレッド販売所のスプレッド
引き落とし銀行口座の残高取引口座の残高

上記の通り、大きな違いは「最低金額」「積立開始日」「引き落とし」の3つです。

この結果から、それぞれ以下に当てはまる方を選べばOKです。

どちらも、仮想通貨を自動で積み立てることができ、初心者でも簡単に始めることができる投資です。

この機会に自分に合った取引所で、初めての仮想通貨投資を始めてみてください。

>> コインチェックで口座を開設する【無料】

【初心者向け】コインチェックの「Coincheckつみたて」の始め方

続きを見る

>> ビットフライヤーで口座を開設する【無料】

【初心者向け】ビットフライヤーの「かんたん積立」の始め方

続きを見る

-仮想通貨の積み立て