ゲーミングマウスパッド

【Logicool G440t レビュー】ハードタイプでツルツル!滑りやすさ重視のゲーミングマウスパッド

Logicool Gの「G440t」というハードタイプのゲーミングマウスパッドを購入しようと思っているのすが、ソフトタイプと比べてどうなんでしょうか?実際に使った感想を教えてください。

といった悩みにお答えします。

 本記事の内容

  • Logicool G440tのスペック
  • Logicool G440tの開封・外観
  • Logicool G440tの5つの特徴
  • Logicool G440tの使い心地
  • Logicool G440tを購入する前の2つの注意点
  • Logicool G440tの評判は?【口コミを紹介】

 本記事の信頼性

りょーた(@ryotablogger

Logicool G440tは、ハードタイプでかなりツルツルの固めのゲーミングマウスパッドです。

とはいえ、「Logicool G440trってソフトタイプと比べてどう違うの?」「Logicool G440tを実際に使った感想を知りたい!」と思っている方は多いのではないでしょうか?

今回は、Logicool G440tを実際に使った感想をレビューしていきます。

本記事を読むことで、Logicool G440tのリアルな感想を知ることができるので、自分に必要かどうかを判断することができます。

 

G440tは、めちゃくちゃ滑るマウスパッドを探している方に向いています!
りょーた

Logicool Gのゲーミングマウスパッドでどれを買えばいいか悩んでいる方は、【Logicool G】ゲーミングマウスパッドおすすめランキングもチェックしてみてください。

【Logicool G】ゲーミングマウスパッドおすすめランキング

続きを見る

Logicool G440tのスペック

Logicool G440tのスペック

今回僕が購入したLogicool GのG440tというゲーミングマウスパッドは、ハードタイプで、カラーはブラック、税込3,080円になります。

G440tの詳しいスペックは以下になります。

G440tの基本スペック

価格【公式】3,080円(税込)
【Amazon】2,133円(税込)
カラーブラック
サイズ横340mm × 縦280mm × 厚さ3mm
重さ229g
素材【表面】ポリマー素材
【裏面】ラバー
表面摩擦

G440tは、Logicool Gが扱う唯一のハードタイプのゲーミングマウスパッドです。

サイズはG240tと同じ大きさとなっているので、Logicool Gのマウスパッドで一番小さい静となります。

また、表面はツルツル滑るので、AIMを瞬時に合わせたい方に向いています。

Logicool G440tの開封・外観

Logicool G440tの開封・外観

それでは早速開封して、外観を見ていきましょう。

 

Logicool G440tの同梱内容は以下の通りです。

 Logicool G440tの同梱内容

  • 製品本体
  • 取扱説明書
  • 保証規定
  • 保証書

上記の内容物が入っているか必ず確認をしましょう。

Logicool G440tの外観は以下の通りです。

 表面

表面はツルツルのポリマー素材を採用していて、摩擦抵抗が低く、マウスがとても滑りやすくなっています。

エッジは切りっぱなしとなっていて、右下にあるワンポイントのロゴがシンプルでかっこいいですね。

 裏面

裏面は、全面ラバー素材となっているので、ズレる心配はないでしょう。

 横

横から見ると、3mmの厚さが若干高いかなといった印象です。

しっかりとした質感となっています!
りょーた

Logicool G440tの5つの特徴

続いては、Logicool G440tの特徴を5つご紹介していきます。

  1. ちょうどいいサイズ感
  2. ロゴが凸凹していない
  3. POWERPLAYにぴったり
  4. ツルツルな表面とズレにくい裏面
  5. 汚れてもサッと拭くだけなのでお手入れが簡単

1つずつ解説していきます。

その①:ちょうど良いサイズ感

Logicool G440tは、Logicool Gのゲーミングマウスパッドの中で一番小さいサイズで、ちょうど良いサイズ感となっています。

以下は、Logicool Gのゲーミングマウスパッドの大きさを比較しています。

 Logicool Gゲーミングマウスパッド大きさ比較

上記のように、一番小さいサイズとなっているのですが、大き過ぎず、小さ過ぎずといった感じなので、万人向けとなっています。

ゲームだけでなく、仕事などにも十分な大きさとなっています!
りょーた

▼ 「G240t」レビュー

▼ 「G640r」レビュー

▼ 「G840」レビュー

その②:ロゴが凸凹していない

Logicool G440tは、G240t、G640r、G840のようにロゴが凸凹していません。

そのため、ロゴでマウスが引っ掛かることがないので、マウスパッドを隅々まで使うことができます。

マウスパッド全体を使うという方にも安心ですね。

ロゴ部分も気にせずマウスを動かせます!
りょーた

その②:POWERPLAYにぴったり

Logicool G440tは、POWERPLAYにぴったりサイズとなっています。

・画像

上記の通り、POWERPLAYを持っている方で、新しくPOWERPLAY用のマウスパッドの購入を検討している方にも最適です。

りょーた

▼ 「POWERPLAY」レビュー

その④:ツルツルな表面とズレにくい裏面

Logicool G440tは、表面がハードタイプとなっているので、摩擦抵抗がかなり低く、マウスをツルツル滑るように動かすことができます。

例えば、FPSでエイムを合わせる際も摩擦が少ないので、瞬時に合わせることが可能です。

また、裏面には、ブルーのラバー素材が使われているので全くズレません。

そのため、マウスを振り回してもマウスパッドがズレてしまうといった心配はありません。

僕自身、APEXで結構マウスを動かしていますが、ズレたということは一度もないので、それほどのグリップ力があるので、豪快にマウスを動かしても問題ないです。

FPSに特化したようなマウスパッドですね!
りょーた

その⑤:汚れてもサッと拭くだけなのでお手入れが簡単

Logicool G440tは、表面がポリマー素材となっているため、汚れてもサッと拭きとることができます。

例えば、「G240t」のように表面がファブリック素材だった場合、こすりすぎてしまうと生地がダメになったり、汚れがこびりついて取れないといったこともあります。

しかし、G440rは強めにこすったとしても表面が傷みにくいので、しっかりと汚れを落とすことが可能です。

また、水に濡らしても乾きが早いので、すぐに乾かして使うことができます。

ファブリック素材だとお手入れが大変なのですが、簡単にキレイになるのはうれしいですね!
りょーた

Logicool G440tの使い心地

Logicool G440tの使い心地は、

「」

といった感じです。

 

Logicool G440tを購入する前の2つの注意点

Logicool G440tを購入する前に、以下の2つには注意しておきましょう。

  1. クッション性がほぼゼロ
  2. 細かいAIM調整が難しい

1つずつ解説していきます。

その①:クッション性はほぼゼロ

Logicool G440tは表面が固い分、クッション性がほぼありません。

そのため、長時間マウス操作をしていると、常に固い机に手首が当たっている状態なので、痛くなります。

僕自身、休みの日は一日、ブログを書いたりゲームをやっていますが、かなり手首が痛くなります。

そういった点では、長時間プレイする方向きではないといえます。

クッション性を求めるのであれば、ちょっと大きめにはなりますが「G640r」が最適です!
りょーた

 手首が痛くなる方には「マウス用のリストレスト」がおすすめ

もし、マウス操作で手首が痛くなるのであれば、マウス用のリストレストを使用すれば、手首の痛みを軽減することができるのでおすすめです。

ただし、FPSなどでマウスを振り回す場合には邪魔になる可能性もあるので要注意です。

の②:細かいAIM調整が難しい

Logicool G440tは、摩擦が少ないため、細かいAIMの調整が難しくなっています。

滑りやすくなっているので、瞬時にAIMを合わせることができますが、その滑りやすさ故に、マウスが微妙に動いてしまったりと、ピタっと止める難易度が上がっています。

そのため、小さい的である頭などにピンポイントで合わせるのが難しいので、ヘッドショットなどの精度が少し下がる場合があります。

感覚を掴めば大丈夫ですが、最初は結構難しいですね。
りょーた

Logicool G440tの評判は?【口コミを紹介】

Logicool G440tの評判はどうなのかを実際に使っている方の口コミをまとめました。

良い口コミ、悪い口コミの両方掲載しているので参考にしてみてください。

良い口コミ

まずは、良い口コミをご紹介していきます。

上記の通りで、特に滑りやすくて使いやすいといった意見が多くみられました。

悪い口コミ

次に、悪い口コミをご紹介していきます。

上記の通り、G440tに言えたことだけではないのですが、切りっぱなしのためはがれてしまったり、「思っていたよりもサイズが小さかった」といった意見もありました。

まとめ:ハイセンシなら「G440t」がおすすめ!

今回は、【Logicool G440t レビュー】ハードタイプでツルツル!滑りやすさ重視のゲーミングマウスパッドといった内容を解説しました。

もう一度おさらいをすると、Logicool G440tの特徴は以下になります。

G440tの5つの特徴

  1. ちょうどいいサイズ感
  2. ロゴが凸凹していない
  3. POWERPLAYにぴったり
  4. ツルツルな表面とズレにくい裏面
  5. 汚れてもサッと拭くだけなのでお手入れが簡単

また、購入する前には以下の点に注意しましょう。

G440tの2つの注意点

  1. クッション性がほぼゼロ
  2. 細かいAIM調整が難しい

実際にG440tを使ってみた感想は、

「」

といった感じです。

特に、ハイセンシ向きであるので、「そこまで大きさは求めないけど、めちゃくちゃ滑るマウスパッドを探している!」という方には、買って損はないでしょう。

Logicool Gのゲーミングマウスパッドでどれを買えばいいか悩んでいる方は、【Logicool G】ゲーミングマウスパッドおすすめランキングもチェックしてみてください。

【Logicool G】ゲーミングマウスパッドおすすめランキング

続きを見る

Logicool G製品一覧

-ゲーミングマウスパッド
-