ゲーミングマウスパッド

【Logicool G640r レビュー】マウスを振り回す「ローセンシ」にもおすすめ!ちょっとおおきめゲーミングマウスパッド

Logicool Gの「G640r」っていうちょっと大きめのゲーミングマウスパッドを購入しようか迷っています。実際の大きさと使った感想を教えてください。

といった悩みにお答えします。

 本記事の内容

  • Logicool G640rのスペック
  • Logicool G640rの開封・外観
  • Logicool G640rの3つの特徴
  • Logicool G640rの使い心地
  • Logicool G640rを購入する前の2つの注意点
  • Logicool G640rの評判は?【口コミを紹介】

 本記事の信頼性

りょーた(@ryotablogger

Logicool G640rは、Logicool Gのマウスパッドの中で中間サイズとなっているゲーミングマウスパッドです。

とはいえ、「Logicool G640rってどのくらいのサイズなの?」「Logicool G640rを実際に使った感想を知りたい!」と思っている方は多いのではないでしょうか?

今回は、Logicool G640rを実際に使った感想をレビューしていきます。

本記事を読むことで、Logicool G640rのリアルな感想を知ることができるので、自分に必要かどうかを判断することができます。

G640rなら、ちょっと大きめなので、FPSでブンブンマウスを振り回すことも可能です。

個人的には、Logicool Gのゲーミングマウスパッドの中では一番おすすめです!
りょーた

Logicool Gのゲーミングマウスパッドでどれを買えばいいか悩んでいる方は、【Logicool G】ゲーミングマウスパッドおすすめランキングもチェックしてみてください。

【Logicool G】ゲーミングマウスパッドおすすめランキング

続きを見る

Logicool G640rのスペック

今回僕が購入したLogicool GのG640rというゲーミングマウスパッドは、ちょっと大きめタイプで、カラーはブラック、税込3,520円になります。

G640rの詳しいスペックは以下になります。

 G640rの基本スペック

価格【公式】3,520円(税込)
【Amazon】2,178円(税込)
カラーブラック
サイズ横460mm × 縦400mm × 厚さ3mm
重さ400g
素材【表面】ソフトファブリック
【裏面】ラバー
表面摩擦

G640rは、ちょっと大きめでシンプルなデザインのマウスパッドです。

サイズは、Logicool Gのマウスパッドの中で中間サイズとなっているので、ハイ・ローセンシ向けの大きさとなっています。

マウスを大きく動かしす方には特におすすめです。

Logicool G640rの開封・外観

Logicool G640rの開封・外観

それでは早速開封して、外観を見ていきましょう。

Logicool G640rの同梱内容は以下の通りです。

 Logicool G640rの同梱内容

  • 製品本体
  • 保証規定
  • 保証書

上記の内容物が入っているか必ず確認をしましょう。

Logicool G640rの外観は以下の通りです。

 表面

表面はサラサラのソフトファブリック素材を採用していて、中程度の摩擦でマウスが滑りやすくなっています。

エッジは切りっぱなしとなっていて、右下にあるワンポイントのロゴがシンプルでかっこいいですね。

 裏面

裏面には全面ラバー素材となっているので、ズレる心配はないでしょう。

 横

横から見ると、3mmの厚さがあるのでクッション性も問題なさそうですね。

見た目はシンプルでかなりオーソドックスなマウスパッドとなっていますね!
りょーた

Logicool G640rの3つの特徴

Logicool G640rの3つの特徴

続いては、Logicool G640rの特徴を3つご紹介していきます。

  1. ちょっと大きめサイズ
  2. ズレにくい裏面のラバー素材
  3. 表面は適度なサラサラ感でマウスが滑りやすい

1つずつ解説していきます。

その①:ちょっと大きめサイズ

Logicool G640rは、Logicool Gのゲーミングマウスパッドの中で中間の大きさで、ちょっと大きめのサイズとなっています。

以下は、Logicool Gのゲーミングマウスパッドの大きさを比較しています。

 Logicool Gゲーミングマウスパッド大きさ比較

上記のように、ちょうど中間の大きさとなっていて、通常のマウスパッドと比べると、ちょっと大きめのサイズとなっているので、マウスを大きく振り回すことが可能となっています。

通常サイズだと、ローセンシの方からしたらちょっと小さいですが、G640tなら十分なスペースがありますね!
りょーた

▼ 「G240t」レビュー

▼ 「G440t」レビュー

▼ 「G840」レビュー

その②:ズレにくい裏面のラバー素材

Logicool G640rの裏面には、ブルーのラバー素材が使われているので、ズレにくくなっています。

そのため、FPSやローセンシでマウスを振り回してもマウスパッドがズレてしまうといった心配はありません。

僕自身、APEXで結構マウスを動かしていますが、ズレたということは一度もないので、それほどのグリップ力があるので、豪快にマウスを動かしても問題ありません。

ちょっとでもズレてしまうと、ゲームに支障がでますが、全くズレないので最高です!
りょーた

その③:表面は適度なサラサラ感でマウスが滑りやすい

Logicool G640rは、適度なサラサラ感でマウスが滑りやすくなっているので、摩擦で引っかかったりすることがありません。

例えば、FPSでエイムを合わせる際も摩擦が少ないので、微調整をすることが可能です。

ハードタイプと比べると摩擦抵抗は少し大きいですが、それでも全く気になりません

FPSも問題なくプレイできます!
りょーた

Logicool G640rの使い心地

Logicool G640rの使い心地

Logicool G640rの使い心地は、

「表面はサラサラでマウス操作がいい感じ!FPSにも向いていて、ローセンシのようにブンブンマウスを振り回すには最適!」

といった感じです。

表面や裏面は、「G240t」「G840」と全く同じですが、大きさは中間サイズとなっているので、ハイセンシてもローセンシでも快適にゲームをすることができます。

僕はPOWERPLAYを使っているのですが、ちょっと大きくてはみ出してしまうのが唯一の残念ポイントです。

表面はサラサラで、マウスが滑りやすく、厚さがあるのでクッション性もばっちり。

「G240t」がエントリーモデルではありますが、個人的には「G640r」が万人向けで使いやすいと思うので、机のサイズが大きければ、間違いなく買いですね。

Logicool G640rを購入する前の2つの注意点

Logicool G640rを購入する前の2つの注意点

Logicool G640rを購入する前に、以下の2つには注意しておきましょう。

  1. 右下のロゴが邪魔
  2. POWERPLAYには大きすぎる

1つずつ解説していきます。

その①:右下のロゴが邪魔

Logicool G640rには右下にロゴがあるのですが、ペイントで書かれていて滑りが悪く、若干の凹凸があるためかなり邪魔です。

そのため、このロゴでマウスが引っ掛かってしまうので、ロゴ上でのマウス操作はスムーズにできません。

個人的には、あまり気にならないですが、マウスをブンブン振り回して右下も使うという方は要注意です。

ロゴ部分はマウスパッドとして機能しないと思っておきましょう!
りょーた

その②:POWERPLAYには大きすぎる

Logicool G640rは、POWERPLAYには大きすぎるサイズとなっています。

以下は、実際にG640rをPOWERPLAYに乗せた状態です。

見ての通りですが、G640rの方が大きいため段差ができてしまいます。

そのため、マウスを大きく動かしたときに、段差でマウスが反応しなかったりする場合があるので、G640rでPOWERPLAYを使う際には注意が必要です。

この段差でゲームで負けてしまう場合もあるので、POWERPLAYを使っている方はご注意ください。
りょーた

Logicool G640rの評判は?【口コミを紹介】

Logicool G640rの評判は?【口コミを紹介】

Logicool G640rの評判はどうなのかを実際に使っている方の口コミをまとめました。

良い口コミ、悪い口コミの両方掲載しているので参考にしてみてください。

良い口コミ

まずは、良い口コミをご紹介していきます。

上記の通り、値段が安く、とても使いやすいといった意見が多くみられました。

悪い口コミ

次に、悪い口コミをご紹介していきます。

上記の通り、「机が狭いと大きすぎる」「滑りにくい」といった意見もありました。

まとめ:マウスパッドで悩んだら「G640r」を買っておけば間違いない!

まとめ:マウスパッドで悩んだら「G640r」を買っておけば間違いない!

今回は、【Logicool G640r レビュー】マウスを振り回す「ローセンシ」にもおすすめ!ちょっとおおきめゲーミングマウスパッドといった内容を解説しました。

もう一度おさらいをすると、Logicool G640rの特徴は以下になります。

 G640rの3つの特徴

  1. ちょっと大きめサイズ
  2. ズレにくい裏面のラバー素材
  3. 表面は適度なサラサラ感でマウスが滑りやすい

また、購入する前には以下の点に注意しましょう。

 G640rの2つの注意点

  1. 右下のロゴが邪魔
  2. POWERPLAYには大きすぎる

実際にG640rを使ってみた感想は、

「表面はサラサラでマウス操作がいい感じ!FPSにも向いていて、ローセンシのようにブンブンマウスを振り回すには最適!」

といった感じです。

また、値段も2,000円程度(Amazon)となっているので、消耗品だったとしてもかなりコスパが良いといえます。

少し大きめで、でもデスクを覆うようなサイズは必要ないという方にはかなりおすすめのマウスパッドです。

Logicool Gのゲーミングマウスパッドでどれを買えばいいか悩んでいる方は、【Logicool G】ゲーミングマウスパッドおすすめランキングもチェックしてみてください。

【Logicool G】ゲーミングマウスパッドおすすめランキング

続きを見る

Logicool G製品一覧

-ゲーミングマウスパッド
-