ゲーミングマウスパッド

【Logicool G240t レビュー】極薄の1mm!コスパの良いゲーミングマウスパッド

Logicool Gの「G240t」っていうマウスパッドを購入しようと思っているのですが、マウスの滑り具合ってどんな感じですか?実際に使った感想を教えてください。

といった悩みにお答えします。

 本記事の内容

  • Logicool G240tのスペック
  • Logicool G240tの開封・外観
  • Logicool G240tの5つの特徴
  • Logicool G240tの使い心地
  • Logicool G240tを購入する前の2つの注意点
  • Logicool G240tの評判は?【口コミを紹介】

 本記事の信頼性

りょーた(@ryotablogger

Logicool G240tは、Logicool Gのマウスパッドの中で一番薄いゲーミングマウスパッドとなっています。

とはいえ、「Logicool G240tって何がいいの?」「Logicool G240tを実際に使った感想を知りたい!」と思っている方は多いのではないでしょうか?

今回は、Logicool G240tを実際に使った感想をレビューしていきます。

本記事を読むことで、Logicool G240tのリアルな感想を知ることができるので、自分に必要かどうかを判断することができます。

僕は、POWERPLAYを使っていますが、POWERPLAY用のマウスパッドとしてもぴったりサイズとなっています。

厚さはかなり薄いですが、大きさはベーシックなマウスパッドとなっています!
りょーた

Logicool Gのゲーミングマウスパッドでどれを買えばいいか悩んでいる方は、【Logicool G】ゲーミングマウスパッドおすすめランキングもチェックしてみてください。

【Logicool G】ゲーミングマウスパッドおすすめランキング

続きを見る

Logicool G240tのスペック

今回、僕が購入したLogicool GのG240tというゲーミングマウスパッドは、薄型タイプで、カラーはブラック、税込1,980円になります。

G240tの詳しいスペックは以下になります。

 G240tの基本スペック

価格【公式】1,980円(税込)
【Amazon】1,418円(税込)
カラーブラック
サイズ横340mm × 縦280mm × 厚さ1mm
重さ90g
素材【表面】ソフトファブリック
【裏面】ラバー
表面摩擦

G240tは、Logicool Gの中で一番小さいサイズで、厚さ1mmの極薄モデルとなっています。

また、ソフトタイプとなっているため、中程度の摩擦があるので、低DPIやローセンシの方に向いています。

Logicool G240tの開封・外観

Logicool G240tの開封・外観

それでは早速開封して、外観を見ていきましょう。

Logicool G240tの同梱内容は以下の通りです。

 Logicool G240tの同梱内容

  • 製品本体
  • 保証規定
  • 保証書

上記の内容物が入っているか必ず確認をしましょう。

Logicool G240tの外観は以下の通りです。

 表面

表面はサラサラのソフトファブリック素材を採用していて、中程度の摩擦でマウスが滑りやすくなっています。

エッジは切りっぱなしとなっていて、右下にあるワンポイントのロゴがシンプルでかっこいいですね。

 裏面

裏面には全面ラバー素材となっているので、ズレる心配はないでしょう。

 横

横から見ると、1mmの厚さがかなり薄いのが分かります。

外観はとてもシンプルだけど、ワンポイントのロゴが目立っていますね!ブラックがメインカラーとなっているので何にでも合わせられそうです!
りょーた

Logicool G240tの5つの特徴

Logicool G240tの5つの特徴

続いては、Logicool G240tの特徴を5つご紹介していきます。

  1. 厚さは極薄の1mm
  2. ちょうど良いサイズ感
  3. POWERPLAYにぴったり
  4. ズレにくい裏面のラバー素材
  5. 表面は適度なサラサラ感でマウスが滑りやすい

1つずつ解説していきます。

その①:厚さは極薄の1mm

Logicool G240tは、厚さが1mmとマウスパッドの中でも極薄となっています。

以下は、3mmの「G640r」と比較した厚さです。

 「G240t」と「G640r」の厚さを比較

上記の通り、かなり薄いので丸めて持ち運びすることもできます。

ちょっとでもズレてしまうと、ゲームに支障がでますが、全くズレないので最高です!
りょーた

その②:ちょうど良いサイズ感

Logicool G240tは、Logicool Gのゲーミングマウスパッドの中で一番小さいサイズで、ちょうど良いサイズ感となっています。

以下は、Logicool Gのゲーミングマウスパッドの大きさを比較しています。

 Logicool Gゲーミングマウスパッド大きさ比較

上記のように、一番小さいサイズとなっているのですが、マウスを置いても特に小さすぎると感じることはないので、万人向けとなっています。

ゲームだけでなく、仕事などにも十分な大きさとなっています!
りょーた

▼ 「G440t」レビュー

▼ 「G640r」レビュー

▼ 「G840」レビュー

その③:POWERPLAYにぴったり

Logicool G240tは、POWERPLAYにぴったりサイズとなっています。

上記の通り、POWERPLAYを持っている方で、新しくPOWERPLAY用のマウスパッドの購入を検討している方にも最適です。

POWERPLAYのマウスパッドも使っていると消耗するのでありがたいですね!
りょーた

▼ 「POWERPLAY」レビュー

その④:ズレにくい裏面のラバー素材

Logicool G240tの裏面には、ブルーのラバー素材が使われているので、ズレにくくなっています。

そのため、FPSやローセンシでマウスを振り回してもマウスパッドがズレてしまうといった心配はありません。

僕自身、APEXで結構マウスを動かしていますが、ズレたということは一度もないので、それほどのグリップ力があるので、豪快にマウスを動かしても問題ありません。

ちょっとでもズレてしまうと、ゲームに支障がでますが、全くズレないので最高です!
りょーた

その⑤:表面は適度なサラサラ感でマウスが滑りやすい

Logicool G240tは、適度なサラサラ感でマウスが滑りやすくなっているので、摩擦で引っかかったりすることがありません。

例えば、FPSでエイムを合わせる際も摩擦が少ないので、微調整をすることが可能です。

ハードタイプと比べると摩擦抵抗は少し大きいですが、それでも全く気になりません。

ちなみに「G640r」と「G840」も全く同じ素材となっています。

FPSも問題なくプレイできます!
りょーた

Logicool G240tの使い心地

Logicool G240tの使い心地

Logicool G240tの使い心地は、

「かなり薄型なのでクッション性に欠けますが、表面はサラサラでマウスの滑りがよく、サイズ感も大きすぎないので万人向け」

といった感じです。

かなり薄型なので、丸めて持ち運びができるのもうれしいポイントです。

ただ、薄すぎるが故のクッション性が無いことが唯一気になった部分です。

とはいえ、この値段でこのクオリティであれば、かなりコスパがいいと言って間違いありません。

使い心地は、ほぼ満足できると思います!
りょーた

Logicool G240tを購入する前の3つの注意点

Logicool G240tを購入する前の3つの注意点

Logicool G240tを購入する前に、以下の3つには注意しておきましょう。

  1. クッション性はほぼゼロ
  2. 右下のロゴが邪魔
  3. めくれやすい

1つずつ解説していきます。

その①:クッション性はほぼゼロ

Logicool G240tは薄い分、クッション性がほぼありません。

そのため、長時間マウス操作をしていると、常に固い机に手首が当たっている状態なので、痛くなります。

僕自身、休みの日は一日、ブログを書いたりゲームをやっていますが、かなり手首が痛くなります。

そういった点では、長時間プレイする方向きではないといえます。

クッション性を求めるのであれば、ちょっと大きめにはなりますが「G640r」が最適です!
りょーた

 手首が痛くなる方には「マウス用のリストレスト」がおすすめ

もし、マウス操作で手首が痛くなるのであれば、マウス用のリストレストを使用すれば、手首の痛みを軽減することができるのでおすすめです。

ただし、FPSなどでマウスを振り回す場合には邪魔になる可能性もあるので要注意です。

その②:右下のロゴが邪魔

Logicool G640rには右下にロゴがあるのですが、ペイントで書かれていて滑りが悪く、若干の凹凸があるためかなり邪魔です。

そのため、このロゴでマウスが引っ掛かってしまうので、ロゴ上でのマウス操作はスムーズにできません。

個人的には、あまり気にならないですが、マウス操作で右下も使うという方は要注意です。

ロゴ部分はマウスパッドとして機能しないと思っておきましょう!
りょーた

その③:めくれやすい

Logicool G240tはかなり薄くなっているため、マウス操作の際に、服の袖や腕でめくれやすくなっています。

そのため、何度もめくれてしまうと、めくれグセが残ってしまったり、裏面と表面の剥がれが起きしまう場合があります。

個人的には位置を調整すれば問題ないと思っていますが、マウスを振り回す方は、注意してください。

頻繁にめくれたりすると、それだけ劣化が早くなるのでご注意ください。
りょーた

Logicool G240tの評判は?【口コミを紹介】

Logicool G240tの評判は?【口コミを紹介】

Logicool G240tの評判はどうなのかを実際に使っている方の口コミをまとめました。

良い口コミ、悪い口コミの両方掲載しているので参考にしてみてください。

良い口コミ

まずは、良い口コミをご紹介していきます。

上記の通り、表面の滑りやすさが高評価となっています。

悪い口コミ

次に、悪い口コミをご紹介していきます。

上記の通り、「サイズが小さい」「滑りすぎる」「滑りが悪い」と今まで使っていたマウスパッドの違いで、意見が分かれます。

まとめ:「G240t」は万能型のゲーミングマウスパッド!

まとめ:「G240t」は万能型のゲーミングマウスパッド!

今回は、【Logicool G240t レビュー】極薄の1mm!コスパの良いゲーミングマウスパッドといった内容を解説しました。

もう一度おさらいをすると、Logicool G240tの特徴は以下になります。

G240tの5つの特徴

  1. 厚さは極薄の1mm
  2. ちょうど良いサイズ感
  3. POWERPLAYにぴったり
  4. ズレにくい裏面のラバー素材
  5. 表面は適度なサラサラ感でマウスが滑りやすい

また、購入する前には以下の点に注意しましょう。

G240tの3つの注意点

  1. クッション性はほぼゼロ
  2. 右下のロゴが邪魔
  3. めくれやすい

実際にG240tを使ってみた感想は、

「かなり薄型なのでクッション性に欠けますが、表面はサラサラでマウスの滑りがよく、サイズ感も大きすぎないので万人向け」

といった感じです。

また、値段も1,418円程度(Amazon)となっているので、このクオリティならかなりコスパは良いです。

Logicool Gのマウスパッドでエントリーモデルとなっているので、「とにかく安いのでいい」「持ち運べるものがいい」という方には、ぴったりなマウスパッドです。

また、POWERPLAYにもぴったりサイズとなっているので、「POWERPLAYのマウスパッドを新しくしたい」という方にも最適です。

Logicool Gのゲーミングマウスパッドでどれを買えばいいか悩んでいる方は、【Logicool G】ゲーミングマウスパッドおすすめランキングもチェックしてみてください。

【Logicool G】ゲーミングマウスパッドおすすめランキング

続きを見る

Logicool G製品一覧

-ゲーミングマウスパッド
-