WordPress

WordPressでリダイレクトするやり方は2つ【SEO評価の引継ぎ】

ドメインが変わったら301リダイレクトしなきゃいけないって聞いたのですが、やり方が分かりません。あとなんでリダイレクトしなきゃいけないのか教えてください。

といった悩みにお答えします。

 本記事の内容

  • リダイレクトって何?
  • WordPressでリダイレクトする方法は2つ
  • リダイレクトの確認方法【ohotuku.jp】

 本記事の信頼性


Ryota(@ryotablogger

WordPressでリダイレクトをすることにより、SEO評価を引き継ぐことができます。

とはいえ、「リダイレクトってなに?」「リダイレクトのやり方が分からない。」と思っている方は多いのではないでしょうか?

今回はWordPressでリダイレクトするやり方について解説していきます。

本記事を読むことにより、正しいリダイレクトのやり方を知ることができます。

そうすることで、SEO評価を新しいURLに引き継ぐことができるので、検索順位の低下を防ぐことができます。

リダイレクトをしないと評価が0からになるのでアクセスがなくなってしまうので重要です!
りょーた

リダイレクトって何?

リダイレクトって何?

リダイレクトとは、元のURLを別のURLに転送することです。

リダイレクトをしないと、読者がページにたどり着けなくなったり、新しいページで作り直した場合に、重複コンテンツとしてみなされてしまうことがあります。

ちなみにリダイレクトは、以下の2種類です。

  1. 301リダイレクト
  2. 302リダイレクト

どちらも使い分けが必要になるので、1つずつ解説していきます。

301リダイレクトとは:恒久的に転送する処理

301リダイレクトとは、元のURLから新しいURLに恒久的に転送する処理です。

例えば、

  • サイトの引っ越し
  • 各記事のURL変更
  • 古い記事を新規記事で書き換え

といったときに設定します。

ブログを運営している場合、基本的に301リダイレクトを使う機会が圧倒的に多いです。

僕もそうですが、かなり頻繁に使います!
りょーた

302リダイレクトとは:一時的に転送する処理

302リダイレクトとは、元のURLから新しいURLに一時的に転送する処理です。

例えば、

  • メンテナンス中
  • リニューアル中
  • デバイスに応じてリダイレクトする場合

といった時に設定します。

301リダイレクトに比べると、使用頻度はほとんどありませんが、覚えておきましょう。

あまり使うことはないですが、301リダイレクトとセットで覚えておきましょう!
りょーた

301リダイレクトと302リダイレクト、ページランクが引き継がれるのは?

よく、「301リダイレクトは評価が引き継がれて、302リダイレクトは評価が引き継がれない」といったことをみかけますが、こちらは間違いです。

現在は、301リダイレクトと302リダイレクトともに、評価は引き継がれます。

その理由として、2016年にGoogleのGary氏がTwitterで以下のように呟いています。

上記を訳すと、以下のように書いてあります。

301、302のリダイレクトでPageRankが失われることはもうありません。

また、Google Search Consoleのページでも以下のようなことが書いてあります。

新しい URL にリダイレクトすると、リンクのクレジットは失われますか?

いいえ。301 や 302 のリダイレクトは PageRank の損失につながりません。

Google検索セントラルより引用

上記のことから、301リダイレクトでも302リダイレクトでも評価は引き継がれるということになります。

一時的な転送でも評価が引き継がれるのであれば安心ですね!
りょーた

WordPressでリダイレクトする方法は2つ

WordPressでリダイレクトする方法は2つ

WordPressでリダイレクトする方法は以下の2つになります。

  1. プラグイン「Redirection」を使う
  2. 「.htaccess」に記述する

1つずつ解説していきます。

その➀:プラグイン「Redirection」を使う【簡単】

プラグイン「Redirection」を使う【簡単】

まずは、プラグイン「Redirection」を使ったリダイレクトのやり方です。

WordPress管理画面より、「プラグイン」→「新規追加」をクリックしてください。

右上の検索窓に「Redirection」と入力し、「インストール」をクリック。

最後に、「有効化」をクリックしましょう。

Redirectionのインストールから有効化までが終わったら、WordPress管理画面より「ツール」→「Redirection」をクリックしてください。

次に、「セットアップを開始」をクリックしましょう。

以下の3つの項目にチェックを入れてください。

  1. WordPress の投稿と固定ページのパーマリンクの変更を監視
  2. すべてのリダイレクトと 404 エラーのログを保存する。
  3. Store IP information for redirects and 404 errors.

チェックを入れたら、「セットアップを続行」をクリックしましょう。

「セットアップ完了」をクリックしてください。

上記の画面に切り替わったら、最後に「完了!」をクリックすればRedirectionのセットアップが完了となります

Redirectionのセットアップが完了したら、実際にリダイレクトしていきます。

画面が切り替わるので、以下の2項目を入力しましょう。

  1. ソースURL:元のURL
  2. ターゲットURL:転送先のURL

入力が完了したら、「転送ルールを追加」をクリックしてください。

上記のように、元のURLと転送先URLが表示されていればOKです。

お疲れ様でした!これでプラグイン「Redirection」を使ったリダイレクトのやり方の説明が終わりになります。次は「.htaccess」に記述するやり方を解説します!
りょーた

その②:「.htaccess」に記述する【難しい】

次に、.htaccessに記述するやり方を解説していきます。

ただし、ちょっと難易度が上がります。

なぜかというと、間違った記述をしてしまうと、サイトが表示されなくなってしまいます。

コピペするだけでできるのですが、万が一の時のために、必ずバックアップをとっておきましょう。

バックアップについては、【超簡単】UpdraftPlusならバックアップと復元がワンクリック!で詳しく解説しています。

 コピペ用コード

# リダイレクト処理
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteRule 転送元のURL 転送後のURL [R=301,L]
</IfModule>

リダイレクトの確認方法【ohotuku.jp】

リダイレクトの確認方法【ohotuku.jp】

最後に、リダイレクトが正しくできているかを確認していきます。

リダイレクトの確認は、ohotuku.jpというサイトを利用します。

ohotuku.jpでリダイレクトチェック

ohotuku.jpにアクセスしたら、URLの下の空欄にリダイレクトチェックするURLを入力してください。

入力が終わったら、「チェックする」をクリックしましょう。

上記のような表示にあれば、リダイレクトができているので設定は完了となります。

お疲れ様でした!これでリダイレクトの設定が完了となります!
りょーた

まとめ:リダイレクトでSEO評価を引き継ごう!

まとめ:リダイレクトでSEO評価を引き継ごう!

今回は、WordPressでリダイレクトするやり方は2つ【SEO評価の引継ぎ】といった内容を解説しました。

もう一度、結論をおさらいすると、リダイレクトには以下の2種類があります。

  1. 301リダイレクト
  2. 302リダイレクト

またリダイレクトのやり方は、

  1. プラグイン「Redirection」を使う
  2. 「.htaccess」に記述する

上記の2種類ありますが、プラグインを使えば初心者の方でも簡単にリダイレクトをすることができます。

同じ内容を新しい記事で作る場合や、サイトを引っ越しする際には、SEO評価も引き継げるので、必ず設定しておきましょう。

-WordPress