WordPress

【超簡単】UpdraftPlusならバックアップと復元がワンクリック!

WordPressのデータをバックアップしておきたいのですが、初心者でも簡単に使えるプラグインってありますか?あと使い方と設定方法も教えてください。

といった悩みにお答えします。

 本記事の内容

  • WordPressバックアッププラグイン「UpdraftPlus」とは?
  • UpdraftPlusの導入手順
  • UpdraftPlusの使い方
  • UpdraftPlusの便利機能3つ
  • UpdraftPlusには有料版もある【無料版で十分】

 本記事の信頼性


Ryota(@ryotablogger

WordPressでブログを運営している方は、UpdraftPlusで絶対にバックアップを取っておきましょう。

とはいえ、「UpdraftPlusってなに?」「UpdraftPlusの使い方が分からない。」と思っている方は多いのではないでしょうか?

今回はバックアッププラグインである「UpdraftPlus」の使い方と設定方法について解説していきます。

本記事を読むことにより、バックアップの重要性を理解でき、UpdraftPlusの使い方と設定方法を知ることができます。

そうすることで、万が一に備えて大切なWordPressのデータを守ることが出来ます。

バックアップって何?バックアップなんかやった事がないという方は最後までご覧ください。
りょーた

WordPressバックアッププラグイン「UpdraftPlus」とは?

WordPressバックアッププラグイン「UpdraftPlus」とは?

UpdraftPlusとは、現状のデータを別の場所に保存しておく「バックアップ」とバックアップデータを元に「復元」を行うことが出来るプラグインになります。

イメージとしては、ゲームのセーブデータですね。

WordPressのデータをセーブしておけば、失敗した時などにその地点まで戻る事ができます。

逆にバックアップをとっていないと、万が一、データが壊れてしまった場合、やり直しが出来ないのでまた1から作り直さないといけません。

それを防ぐためにバックアッププラグインであるUpdraftPlusは必須となります。

また代表的なバックアッププラグインである「BackWPup」と比べると、バックアップと復元がボタン1つで出来てしまうので初心者の方でも簡単に使うことが出来ます。

UpdrftPlusとBackWPupの違い

UpdraftPlusとBackWPupの違いは以下になります。

  1. 保存容量
  2. バックアップの時間設定
  3. 復元

バックアップの時間設定に関しては、細かい時間設定ができる「BackWPup」の方が優れていますが、Googleドライブを保存先に設定出来たり、バックアップと復元がワンクリックで出来てしまう扱いやすさは圧倒的に「UpdraftPlus」の方が優れています。

上記のことから、WordPlessのバックアップを取る際にはUpdraftPlusが簡単なので初心者の方にはおすすめです。

詳しくは以下の記事で解説しているのでチェックしてみてください。
りょーた
関連記事
WordPressのバックアップはBackWPupとUpdraftPlusどっちが良いの?【違いを比較】

UpdraftPlusの導入手順

UpdraftPlusの導入手順

ここからはUpdraftPlusの導入手順を解説していきます。

UpdraftPlusの導入手順は以下の通り。

  1. UpdraftPlusのインストール → 有効化

たったこれだけで初期設定など面倒な手間がないので、初心者の方でもすぐに導入ができます。

手順①:UpdraftPlusのインストール → 有効化

WordPress管理画面から、「プラグイン」「新規追加」→検索窓に「UpdraftPlus」と入力。

「今すぐインストール」「有効化」をクリックすれば導入完了となります。

念のため、「プラグイン」「インストール済みプラグイン」で確認してみてね。
りょーた

UpdraftPlusの使い方

UpdraftPlusの使い方

実際にUpdraftPlusを使っていくのですが、使い方はとてもシンプルで以下の3つだけ覚えておけばOKです。

  1. バックアップ
  2. バックアップデータを使って復元
  3. バックアップデータの削除

それでは1つずつ解説していきます。

その①:バックアップ

早速、UpdraftPlusを使ってデータのバックアップを取っていきましょう。

まずは、WordPress管理画面から「設定」「UpdraftPlus Backups」をクリックしましょう。

上記の画面に切り替わるので、青い「今すぐバックアップ」というボタンを1回クリックしてください。

そうすると上記の表示が出るので、以下の2つにチェックを入れます。

  • バックアップにデータベースを含める
  • バックアップ内のすべてのファイルを含める

チェックを入れ終わったら、「今すぐバックアップ」をクリックしましょう。

ポイント

バックアップデータが溜まっていくと、一番古いデータから削除されていきます。

自動で削除したくない場合は、

  • このバックアップは手動削除のみを許可

にチェックを入れておけば、手動で削除しない限りデータは残ります。

ただし、容量がいっぱいになるとバックアップができなくなるので、古いデータは削除、または外付けのHDDなどに保存しておきましょう。

バックアップが始まり、数分経つと上記のポップアップが表示されれば、バックアップが完了となります。

これで現時点までのWordPressのバックアップが取れたので安心です!
りょーた

その②:バックアップデータを使って復元

復元とは、バックアップデータを使って、そのデータの地点まで戻る作業になります。

ここに注意

復元するとバックアップしたデータまでの作業が反映されるので、それ以降の作業内容は全て消えてしまうので注意してください。

復元する際には復元時のデータもバックアップしておきましょう。

それでは実際に復元していきましょう。

UpdraftPlusの画面から、復元したいデータの「復元」ボタンをクリックしましょう。

今回は1番新しいデータを使って復元していきます。

「復元」ボタンを押すと上記の画面になるので、復元する構成を選択します。

基本的には全てチェックでOKです。

チェックしたら「次」をクリックしてください。

上記に切り替わったら「復元」をクリックします。

これで復元が始まります。

上記のように、

  • ✓ Restore successful!

と表示されれば復元が完了となります。

最後に「UpdraftPlus 設定に戻る」をクリックして終了です。

Restore failed...と表示された場合

Restore failed...と表示された場合、復元が失敗となります。

復元が失敗した場合、アクティビティログに表示されている「古いディレクトリを削除」をクリックすれば再度復元が開始され、成功します。

その③バックアップデータの削除

UpdraftPlusの管理画面より、既存のバックアップから削除したいバックアップデータの「削除」をクリックしてください。

上記のポップアップが表示されたら、「削除」をクリックしましょう。

上記の表示が出て、既存のバックアップから消えていれば、バックアップデータの削除が完了となります。

UpdraftPlusの便利な設定3つ

UpdraftPlusの便利な設定3つ

UpdraftPlusには以下の便利な設定が3つあります。

  1. バックアップスケジュールの設定
  2. バックアップデータの保存先設定
  3. バックアップファイルの設定

高頻度で使う設定となるので1つずつ詳しく解説していきます。

その①:バックアップスケジュールの設定

UpdraftPlusでは、時間を設定して自動的にバックアップを行う事ができます。

UpdraftPlusの時間設定は以下の通り。

  • 手動
  • 2時間ごと
  • 4時間ごと
  • 8時間ごと
  • 12時間ごと
  • 毎日
  • 毎週
  • 2週間ごと
  • 毎週

上記の手動以外の時間は、設定した時点の時間を基準としてバックアップスケジュールを設定することができます。

例えば、2020年12月8日の8:00に「2時間ごと」の設定をすると、10:00、12:00、14:00...とバックアップされます。

ただし、細かい時間設定をすることができないので、作業しない深夜などに毎日バックアップを取りたい場合、深夜のバックアップを取りたい時間に「毎日」の設定をする必要があります。

有料版なら細かい時間設定が出来ますが、一度だけ設定してしまえばいいので無料版で十分ですよ!
りょーた

その②:バックアップデータの保存先設定

ここでは保存先を設定することができます。

保存先は16個の中から設定することができますが、この中で無料で使える保存先は以下になります。

  • Dropbox
  • Google Drive
  • Microsoft OneDrive

この中でもGoogle Driveは15GBと大容量なので、保存先に指定するのであればGoogle Driveが一番おすすめです。

実際にGoogle Driveを保存先に設定してみましょう。

「Google Drive」をクリックしましょう。

選択できたら一番下までスクロールして、「変更を保存」をクリックしてください。

上記のポップアップが表示されるので、「このリンクをクリックして、Google Driveアカウントへのアクセスを許可してください (これがないと Google Drive にバックアップすることはできません)。」をクリックしましょう。

Googleアカウントの選択画面に移行するので、保存先にするアカウントを選択してください。

上記のように、UpdraftPlusとGoogleを連携させますか?という表示がでるので、「許可」をクリックしましょう。

上記の画面が表示されれば、UpdraftPlusにGoogle Driveの連携が完了となります。

お疲れ様でした!これでUpdraftPlusのバックアップデータをGoogle Driveに保存することができるようになったよ!
りょーた

保存先を変更したい方

保存先の設定を変更したい場合、「Google Drive のこれらの設定を削除するには、このリンクをご利用ください。」をクリックすれば現在の保存先の設定を解除することができます。

その③:バックアップファイルの設定

基本的には変更不要となります。

バックアップの必要がない項目を除外することができますが、バックアップを取るのであれば全てのデータを1セットとしておくことが好ましいので設定はデフォルトのままでOKです。

UpdraftPlusには有料版もある【無料版で十分】

UpdraftPlusには有料版もあります。

無料版と有料版の大きな違いは、細かい設定が出来るということです。

その中でも特に便利な機能を3つご紹介します。

  1. 複数サイトをまとめて管理できる
  2. バックアップ時刻を細かく設定できる
  3. バックアップデータに別名をつけることができる

その他の違いについては以下をご覧ください。

とはいえ、1つのサイトのみ運用していく方は無料版で十分といった感じです。

僕自身、複数サイト運営していますが、基本的にGmailのアカウントは別々にしているので特にバックアップデータの管理には困っていません。

また、休みの日の夜中にバックアップするように設定したのでスケジュールも問題ないです。

ぶっちゃけ有料版は必要がないと思っていますが、今後複数サイトを運営したり、細かく設定したいとのことであれば、その時にまた検討してみる感じでOKかなと思います。

まとめ:WordPressのバックアップはUpdraftPlusで決まり!

まとめ:WordPressのバックアップはUpdraftPlusで決まり!

今回はUpdraftPlusの使い方や設定方法について解説しました。

ブログはとても大事な財産です。

その財産がある日突然消えてしまったときには、今までの努力が水の泡になってしまいます。

そうならないように、バックアップは常にとっておきましょう。

また作業でミスしてしまった場合にも、UpdraftPlusならワンクリックで以前の状態に戻すことができるのでとても便利です。

大事なデータを守るためにUpdraftPlusは必須といえるので、まだ導入していない方は早めに導入しておきましょう。

-WordPress