WordPress

WordPressのバックアップはBackWPupとUpdraftPlusどっちが良いの?【違いを比較】

WordPressのバックアップを取りたいのですが、UpdraftPlusとBackWPupどっちのプラグインを使えば良いですか?初心者でも扱いやすいプラグインを教えてください。

といった悩みにお答えします。

 本記事の内容

  • WordPressに必要なバックアップとは?
  • WordPressのバックアップはBackWPupとUpdraftPlusどっちが良いの?【結論】
  • バックアップデータは複数に分けて保存必須

 本記事の信頼性


Ryota(@ryotablogger

WordPressのバックアッププラグインにはBackWPupとUpdraftPlusがあります。

とはいえ、「BackWPupとUpdraftPlusの違いって何?」「BackWPupとUpdraftPlusはどっちが使いやすいの?」と思っている方は多いのではないでしょうか?

今回はBackWPupとUpdraftPlusの違いについて解説していきます。

本記事を読むことにより、UpdraftPlusとBackWPupの違いを知ることができ、自分がどちらを使えば良いのかが分かります。

そうすることで、WordPressのバックアップを簡単にとることができます。

ちなみに僕はUpdraftplusを使っています!すぐに以下の記事で詳しく解説しています!
りょーた
あわせて読みたい
【超簡単】UpdraftPlusならバックアップと復元がワンクリック!

続きを見る

WordPressに必要なバックアップとは?

WordPressに必要なバックアップとは、万が一、パソコンが壊れてしまったり、WordPressのデータが破損してしまった時のために予備のデータを保存しておくことです。

なぜバックアップが必要?

WordPressにおいてなぜバックアップが必要なのかというと、万が一WordPressに不具合がおきてしまった場合、全てのデータが消えてしまう可能性もあります。

そうなってしまうと、今まで積み上げてきたものが全て水の泡となってしまいます。

そうならないように、WordPressのデータを事前にバックアップしておくことにより、データが全て失われたとしてもバックアップデータをもとに復元することができます

データは全て財産だからそれを失わないように必ずバックアップをとっておきましょう!
りょーた

バックアップを取るタイミングは?

WordPressのバックアップは、常に取っておきたいものではありますが、1回のデータ量が大きい場合、パソコンに不可がかかってしまったり、保存先の容量を圧迫してしまう可能性があります。

そうならないように、以下で紹介する必要最低限のタイミングでバックアップを取っておけばOKです。

 WordPressのバックアップを取るタイミング

  • WordPressブログを立ち上げて初期設定が完了したとき
  • htmlやcssをカスタマイズするとき
  • テーマエディターを編集するとき
  • WordPressを更新するとき
  • 1日の作業が終わったとき

上記のとおり、基本的には1つの作業をする前と作業をした後にバックアップを取ることがベストです。

なぜなら、万が一、間違った作業をしてしまった場合に、すぐ前の段階に戻せるからです。

たった1つの作業をミスしてしまった場合でも、サイトが表示されなかったり、不具合が発生してしまうといったことにもなりかねません。

特に、テーマエディターやHTML、CSSなどプログラミングを必要とする編集を行う際には、特に注意してください。

バックアップデータがあれば、どんな失敗もやり直すことができます!
りょーた

WordPressのバックアップはBackWPupとUpdraftPlusどっちが良いの?【結論】

WordPressのバックアップは、BackWPupとUpdraftPlusは以下のような使い分けが必要です。

  • 万が一のためのバックアップは「BackWPup」
  • 設定を変更して、すぐ元に戻すためのバックアップは「UpdraftPlus」

上記のような感じです。

なぜこのように使い分けが必要なのかというと、UpdraftPlusとBackWPupには以下の3つの違いがあるからです。

  1. 保存容量
  2. バックアップの時間設定
  3. 復元方法

1つずつ詳しく解説していきます。

その①:保存容量

1つ目の違いは、「保存容量」になります。

違いは以下の通り。

  • BackWPup:Googleドライブに保存できない(PRO版購入必須)
  • UpdraftPlus:Googleドライブに保存できる

それぞれ保存容量を見ていきましょう。

 BackWPupの保存容量

BackWPupでは、Googleドライブに保存することができないのでドロップボックスが上限となります。

  • ドロップボックス:2GB

 UpdraftPlusの保存容量

UpdraftPlusでは、Googleドライブに保存することができるのでBackWPupと比べて13GBも保存容量が大きくなります。

  • Googleドライブ:15GB
バックアップは頻繁に取るので、保存容量が少ないとすぐパンパンになってしまいます!
りょーた

その②:バックアップの時間設定

2つ目は、「バックアップの時間設定」になります。

違いは以下の通り。

  • BackWPup:実行時間を自由に設定することができる
  • UpdraftPlus:細かい時間の設定をすることができない

それぞれ設定できるバックアップ時間を記載しているので参考にしてみてください。

 BackWPupのバックアップ時間設定

  • 毎月 日付 時間 分
  • 毎週 曜日 時間 分
  • 毎日    時間 分
  • 毎時       分

BackWPupでは分単位の設定ができるため、かなり細かく時間設定をすることができます。

例えば、日中に夜中のバックアップを取りたい場合には、「毎日25時間00分」と設定しておけば、自動的に夜中の25時にバックアップを取ってくれます。

いつでも決まった時間にバックアップを取ることができます。

 UpdraftPlusのバックアップ時間設定

  • 手動
  • 2時間ごと
  • 4時間ごと
  • 8時間ごと
  • 12時間ごと
  • 1日ごと
  • 1週間ごと
  • 2週間ごと

BackWPupとは違い、おおまかな時間設定しかすることができません。

例えば、毎日夜中の25時にバックアップを取りたいといった場合には、夜中の25時に「1日ごと」の設定をする必要があります。

UpdraftPlusでBackWPupと同じように細かい時間設定をするのであれば、有料版の購入が必要となります。

UpdraftPlusを使う場合でも、一度夜中に設定するだけなので、そこまで大差ないですね!
りょーた

その③:復元方法

3つ目は、「復元方法」になります。

違いは以下の通り。

  • BackWPup:難しい
  • UpdraftPlus:ワンタッチで簡単に復元が可能(WordPressにログインできる場合のみ)

それぞれバックアップの復元方法を見ていきましょう。

 BackWPupの復元操作:難しい

BackWPupを使った復元方法は、WordPress内ですることができません。

サーバーに直接アップロードする必要があるのですが、初心者の方からしたら結構ややこしい作業となります。

具体的には、

  1. BackWPupによるバックアップデータをダウンロード
  2. FTPソフトを使って、ファイルをサーバーに上書きする
  3. phpMyAdminを使ってバックアップしたMySQLデータベースファイルをインポートする

といった感じでめちゃくちゃややこしいです。

 UpdraftPlusの復元操作:簡単

逆に、UpdraftPlusの復元操作はとても簡単で、UpdraftPlusでバックアップを取った場合に限りますが、

  1. 「復元」ボタンを押す

たったこれだけなのでとても簡単です。

※ここに注意

WordPressにログインできないとUpdraftPlusで復元することはできません。

ワンタッチで復元ができると、万が一の時のデータ復旧作業に時間がかからないので、すぐにやり直しができます!
りょーた

バックアップデータは複数に分けて保存必須

GoogleドライブやDropBoxに保存すれば、パソコン上で一括管理できるので便利です。

とはいえ、パソコンが壊れてしまった場合、データをすぐに取り出すことができない、また持ち運びができないため不便です。

また、GoogleドライブやDropBoxに不具合が発生した場合、バックアップデータが破損してしまう可能性もあります。

万が一に備えて、バックアップデータは複数保存しておくことをおすすめします。

最悪1つ破損してしまっても残りのバックアップデータが生き残っていれば復元可能となるので必ず複数のバックアップデータをとっておきましょう。

僕は別で外付けHDDを2つ持っているのでその両方にバックアップを取っています!
りょーた

まとめ:バックアップをとるならUpdraftPlusがおすすめ

今回は、WordPressのバックアップはBackWPupとUpdraftPlusどっちが良いの?【違いを比較】といった内容を解説しました。

もう一度おさらいすると、WordPressのバックアップを取るにはUpdraftPlusがおすすめです。

その理由は以下の3つです。

UpdraftPlusBackWPup
保存容量Google Drive:15GBドロップボックス:2GB
バックアップの時間設定細かい設定ができない細かい設定が可能
復元方法簡単(ワンクリック)難しい

また、WordPressのバックアップを取るタイミングは以下を参考にしてみてください。

 WordPressのバックアップを取るタイミング

  • WordPressブログを立ち上げて初期設定が完了したとき
  • htmlやcssをカスタマイズするとき
  • テーマエディターを編集するとき
  • WordPressを更新するとき
  • 1日の作業が終わったとき

「自分はミスしないから大丈夫!」と思っていてもいつ何が起こるか分かりません。

バックアップを取らずに、全てのデータが消えてしまった場合、もう後戻りはできません。

後悔する前に、まだバックアップを取っていない方は、今すぐWordPressのバックアップをとっておきましょう。

あわせて読みたい
【超簡単】UpdraftPlusならバックアップと復元がワンクリック!

続きを見る

-WordPress