NFT

【無料ゲット】SOSトークンの獲得条件と受け取り方

SOSトークンを無料でもらえるって聞いたのですが、どうやって受け取ればいいのでしょうか?何か必要な条件があったら教えてください。

といった悩みにお答えします。

 本記事の内容

  • SOSトークンとは
  • SOSトークンの獲得条件
  • SOSトークンの受け取り方

 本記事の信頼性

 りょーた(@ryotablogger

2021年12月24日~2022年6月30日までに、条件を満たした方は無料で「SOSトークン」を受け取ることができます。

とはいえ、「SOSトークンを獲得する条件って何があるの?」「SOSトークンの受け取り方を教えてほしい!」と思っている方は多いのではないでしょうか?

今回は、SOSトークンの獲得条件や受け取り方について解説していきます。

本記事を読むことで、SOSトークンを無料で受け取ることができます。

これから「NFTゲームで稼ぎたい」という方は、BINANCEの口座が必須となるので本記事を参考にして登録しておきましょう。

画像付きで解説しているので、安心してください!
りょーた

SOSトークンとは

SOSトークンとは

SOSトークンとは、OpenDAOがOpenSeaユーザーに無料で配布しているガバナンストークンです。

ガバナンストークンとは

ガバナンストークンとは、新しい機能や開発を決定するための投票機能付きのトークンのことです。

ちなみに現在の価格は以下の通りです。

 OpenDAO(SOS)の価格

まだまだ、安定していませんが、今後高騰する可能性も考えられますし、無料で受け取ることができるので、もらっておいて損はありません。

無料でもらえるので、下落したとしても一切のリスクはありません!
りょーた

SOSトークンの獲得条件

SOSトークンの獲得条件

SOSトークンを受け取るためには以下の条件を満たしている必要があります。

  1. OpenSeaでNFTを売買したことがある
  2. ウォレットを持っている
  3. 期限内に上記を満たしている

1つずつ解説していきます。

条件➀:OpenSeaでNFTを売買したことがある

まず前提として、OpenSeaでNFTを売買したことがあることが最低条件です。

なので、OpenSeaでまだNFTを売買したことがない方は、対象外となるのでご注意ください。

条件②:ウォレットを持っている

SOSトークンを獲得するためには、ウォレットを持っている必要があります。

OpenSeaで売買したことがある方は、必然的にこちらの条件も満たしていることになるので問題ありませんが、ウォレットはSOSトークンを受け取るためのお財布になるので必須です。

条件③:期限内に上記を満たしている

SOSトークンを受け取るためには、条件➀~②を満たしていることと、期限内であるということが必須となってきます。

ちなみに、SOSトークンの配布期限は以下の通りです。

 SOSトークンの配布期限

2022年6月30日まで

また、上記の期限内に受け取らなければ、たとえ条件を満たしていたとしても受け取る権利がなくなってしまうので、早めにもらっておきましょう。

こんなビッグチャンスは今後ないかもしれないので、忘れずに受け取っておきましょう!
りょーた

まだ全ての条件を満たしていないという方は、【簡単】NFTアートの始め方を初心者向けに5つの手順で解説を見ながら、NFTを始めてみましょう。

【超初心者向け】NFTの買い方を5つの手順で解説

続きを見る

SOSトークンの受け取り方

SOSトークンの受け取り方

最後に、SOSトークンの受け取り方をご紹介していきます。

  1. OpenDAOの公式サイトにアクセス
  2. ウォレットを接続する
  3. 受取申請をする

1つずつ解説していきます。

手順➀:OpenDAOの公式サイトにアクセス

まずは、OpenDAOの公式サイトにアクセスしていきます。

以下のリンクから、「OpenDAOの公式サイト」にアクセスすることができます。

>> OpenDAOの公式サイト(https://www.theopendao.com/)

手順②:ウォレットを接続する

次に、ウォレットを接続していきます。

OpenDAOの公式サイトにアクセスしたら、右上にある「Connect wallet」をクリックしてください。

上記の画面になったら、「MetaMask」をクリックしましょう。

接続確認のポップアップが表示されるので、「次へ」をクリック。

さらに、「接続」をクリックしてください。

手順③:受取申請をする

最後に、受取申請をしていきます。

MetaMaskを接続することができたら、「Initiate Claim」をクリックしてください。

 

スクロールされたら、「Add $SOS」をクリックしましょう。

 

SOSトークンの追加画面が表示されるので、「トークンの追加」をクリック。

 

上記のように「SOSトークン」が追加されていればOKです。

 

SOSトークンの追加が出来たら、「Claim Airdrop」をクリックしてください。

 

上記のようにエアドロップされていれば完了です。

お疲れ様でした!これでSOSトークンの受け取りが完了となります!
りょーた

まとめ:無料でSOSトークンをもらえるのは今だけ!

まとめ:無料でSOSトークンをもらえるのは今だけ!

今回は、「【無料ゲット】SOSトークンの獲得条件と受け取り方」といった内容を解説しました。

もう一度おさらいをすると、SOSトークンの獲得条件は以下の通りです。

 SOSトークンの獲得条件

  1. OpenSeaでNFTを売買したことがある
  2. ウォレットを持っている
  3. 期限内に上記を満たしている

また、SOSトークンの受け取り方は以下の手順になります。

 SOSトークンの受け取り方

  1. OpenDAOの公式サイトにアクセス
  2. ウォレットを接続する
  3. 受取申請をする

SOSトークンを無料でもらえる期限は、2022年6月30日までとなっているので、早めにゲットしておきましょう。

まだ全ての条件を満たしていないという方は、【簡単】NFTアートの始め方を初心者向けに5つの手順で解説を見ながら、NFTを始めてみましょう。

【超初心者向け】NFTの買い方を5つの手順で解説

続きを見る

-NFT