ブログ運営

Googleアドセンス審査の申請方法から収益化までをご案内【受かるためのコツ】

Googleアドセンスで収益化させたいのですが、審査が厳しいってよく聞きます。ブログ初心者でも審査に受かるコツを教えてください。

といった悩みにお答えします。

 本記事の内容

  • Googleアドセンスとは?【基本知識】
  • Googleアドセンス審査を受ける前の準備
  • Googleアドセンス審査に受かるためのコツ【禁止コンテンツ】
  • Googleアドセンス審査の申請方法は7つの手順
  • Googleアドセンス広告の貼り方
  • Googleアドセンス広告導入後にやるべき3つのこと
  • Googleアドセンス審査に落ちたときの対策【11のチェック項目】

 本記事の信頼性


Ryota(@ryotablogger

Googleアドセンスは、初心者でも簡単に収益化することができますが、広告を貼るためには厳しい審査に合格する必要があります。

とはいえ、「Googleアドセンスの申請方法が分からない。」「審査を受けるためにはどうすれば良いの?」「審査に受かるためのコツが知りたい!」と思っている方は多いのではないでしょうか?

今回はGoogleアドセンスの申請方法や審査に受かるコツについて解説していきます。

本記事を読むことにより、Googleアドセンスを自分のサイトに導入することができます。

そうすることで、初心者の方でもすぐに収益化することが可能となります。

一度コツさえ掴んでしまえば、複数のブログを運営するときにGoogleアドセンスの審査に時間がかかることがなくなります。
りょーた

Googleアドセンスとは?【基本知識】

Googleアドセンスとは、自分で運営しているブログやwebサイトなどに広告を掲載し、その広告がクリックされると報酬が発生する仕組みです。

実際に図解にて解説していきます。

また、GoogleアドセンスとASPの違いについても説明していきますね。

Googleアドセンスの仕組み【図解】

上記の図の通り、

  1. 広告主がGoogleに広告を出稿
  2. サイト運営者がGoogleアドセンスに登録
  3. サイト運営者がWebサイトに広告を掲載
  4. 読者が広告をクリック
  5. 広告主がGoogleに広告費を支払い
  6. Googleがサイト運営者に報酬を支払う

といった流れになります。

この中でも、読者がキーパーソンになるのですが、読者が広告をクリックしなければ報酬は発生しません。

そのため、常に読者のことを考えたブログ作りを徹底しましょう。

ブログ運営で大事なことは、「常に読者のことを考える」ということです!
りょーた

GoogleアドセンスとASPの違い

ブログで稼ぐには、GoogleアドセンスとASPが必要となりますが、2つの大きな違いは報酬の発生条件です。

ASPは広告をクリックして、商品を購入といった二段構えなのですが、Googleアドセンスはクリックされるだけで報酬が発生するので初心者の方でも扱いやすくなっています。

とはいえ、1回のクリックで発生する金額は20~50円が平均と言われているのでASPと併用して使うことをおすすめします。

ASPは無料で使えるので併せて登録しておきましょう。以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。
りょーた
関連記事
アフィリエイト初心者におすすめASPはこの5社【全14社から厳選】

続きを見る

Googleアドセンス審査を受ける前の準備

Googleアドセンスは、広告を貼るために審査が必要となります。

審査基準はそれほど高くないのですが、初心者の方はしっかりと事前に準備しておきましょう。

  1. ブログを開設【独自ドメイン必須】
  2. 記事を10本以上公開
  3. 運営者情報・プライバシーポリシー・問い合わせフォームの設置

1つずつ解説していきます。

準備①:ブログを開設【独自ドメイン】

まずは、Googleアドセンスに審査するためのブログ(サイト)を開設しましょう。

ただし、審査には独自ドメインが設定されているブログが必須となります。

無料ブログの場合、サブドメインであったり、無効なパス形式のURLになっているので審査不可となってしまいます。

独自ドメインを取得するなら、自由度が高いWordPressがおすすめです。

WordPressでブログを始めるという方は以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。
りょーた
関連記事
【超簡単】WordPressブログの始め方を初心者向けに解説!

続きを見る

準備②:記事を10本以上公開

記事10本は最低限の本数です。

とはいえ、闇雲に記事を公開するだけではダメです。

  • オリジナル記事
  • 3000文字以上
  • 画像を添付
  • 装飾

といったポイントが重要となってきます。

準備③:運営者情報・プライバシーポリシー・お問い合わせフォームの設置

運営者情報、プライバシーポリシー、お問い合わせフォームはほぼ必須となるので必ず設置しておきましょう。

運営者情報

固定ページで設定しなくてもOKです。

当ブログも運営者情報をメニューバーに設定していません。

ただし、プロフィールカードという機能を使ってサイドバーに表示しています。

要は運営者の情報が記載してあればプロフィールでも問題がないということになります。

当ブログ使用のアフィンガーではプロフィールカードという便利な機能も備わっているよ。
りょーた
詳細記事
アフィンガー5のプロフィールカードの設定は超簡単!【解決策あり】

 プライバシーポリシー

ここがまたやっかいで、書き方が分からない人からしたら無理難題です。

とはいえ、Googleアドセンスの審査にはプライバシーポリシーが必須です。

書き方が分からないという方は【ブログに必須!】プライバシーポリシーと免責事項の書き方(外部リンク)を参考にしてみてください。

 お問い合わせフォームの設置

お問い合わせフォームは「Contact Form 7」というプラグインを使って設置することができます。

何かあった場合にすぐ連絡が取れるようにしておくことも読者のためとなります。

また、それだけでなく、仕事の依頼が来たり、クローズドASPから連絡が来たりすることもあるので、お問い合わせフォームの設置は必須といえます。

お問い合わせフォームについては、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください!
りょーた
関連記事
【すぐできる】アフィンガー5にお問い合わせフォームを設置

続きを見る

Googleアドセンス審査に受かるためのコツ【禁止コンテンツ】

審査に受かる基準は、「読者にとって価値のあるサイトであるか?」が最重要ポイントとなります。

「読者に有益な記事があり、操作しやすく整っていて、広告を貼るのに相応しいサイト」と判断されれば間違いなく審査に受かります。

とはいえ、Googleは審査基準に対して明確な回答をしていません。

わりと抽象的な答えで分からない人は多いと思うので具体的にアドセンス審査に受かるためのコツを解説します。

  1. 独自性のあるコンテンツ
  2. 読者の悩みや疑問を解決
  3. ユーザビリティの高いサイト

またGoogleはどういったことを大切にしているのか、禁止コンテンツとはどんなものなのかも併せて解説していきます。

ポイント①:独自性のあるコンテンツ

独自性のあるコンテンツは簡単に言えば、「オリジナル要素」があるかどうかということです。

もちろんコピペしたものはNGです。

また、よくありがちなのが、参考にしているサイトを見ながら記事を書いていると、意識していなくても文章が同じになってしまうといったこともあります。

これは、「この文章いいな」と思い、勝手に脳内変換して自分のもののようにしてしまうからですね。

他のサイトを参考にするのであれば、文章の内容ではなく、見出し部分の構成を重点的に中身はサラッと流し読みするといった感じで、他人の文章をすり込ませ過ぎないようにすればOKです。

ポイント②:読者の悩みや疑問を解決

読者の悩みや疑問を解決できないサイトは無価値と判断されてしまいます。

もちろん価値のないサイトはGoogleアドセンスの審査に通ることは無理です。

また、検索上位にも表示することさえできないのでいつまで経ってもアドセンスの審査に受からず、PV数も増えない意味の無いサイトとなってしまいます。

読者の悩みはなんなのか?読者はどういった情報を欲しているのかを客観的に考えて記事を書くことがベストです。

常に読者の事を考えておきましょう。

ポイント③:ユーザビリティの高いサイト設計

読者が使いやすい迷わないためのデザインや構造をしている必要があります。

具体的には、

  • 「ページが存在しているのにたどり着けない」
  • 「デザインにこだわり過ぎて余計なものが多い」
  • 「内部リンクが適切ではない」

といった感じです。

特にトップページはサイトの核となる部分なので作り込み必須です。

サイトを構築したら実際に触って確認しましょう。

当ブログではアフィンガーを使ってユーザビリティの高いサイト設計を行っています。全てのカスタマイズ方法を解説しているのでデザインに悩んでいる方は以下を参考にしてみてください。
りょーた
【初心者向け】AFFINGER6のカスタマイズ方法を0から解説

Googleが掲げる10の事実

Googleが掲げる10の事実では、Googleが一番大切にしているのは何かを知ることができます。

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能する。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

引用:Google について

上記の内容を理解し守れば自ずとGoogleが好んだコンテンツを提供できるということですね。
りょーた

Googleアドセンスで禁止されているコンテンツ

Googleアドセンスでは以下のコンテンツを禁止しています。

審査前もそうですが、審査完了後であっても禁止となりますので注意が必要です。

違法なコンテンツ

知的財産権の侵害

絶滅危惧種

危険または中傷的なコンテンツ

強要による他者への搾取を目的とするコンテンツ

ユーザーの誤解を招くコンテンツ

不適切な表示に関連するコンテンツ

露骨な性的描写を含むコンテンツ

国際結婚の斡旋

引用:Google サイト運営者 / パブリッシャー向けポリシー

もちろんアダルトな内容だったり、公序良俗に抵触する内容もNGとなっているので、そういった内容のブログを運営しているのであれば、見直しが必要です。

ここまで出来たら実際に申請してみましょう。

Googleアドセンス審査の申請方法は7つの手順

Googleアドセンス審査の申請方法は以下の7つの手順になります。

  1. Googleアカウントを作成
  2. 審査用のサイト情報を入力
  3. Googleアドセンスのアカウント作成
  4. お客様情報を入力
  5. 電話番号認証
  6. アドセンスとサイトをリンクさせる
  7. 審査の申請

順番に1つずつ解説していきます。

手順①:Googleアカウントを作成

Googleアカウントが必須となるので、まだ持っていないという方は作っておきましょう。

≫ Googleアカウントを作成する

手順②:審査用のサイト情報を入力

Googleアドセンスの公式HPへアクセスし、以下の項目を入力しましょう。

  1. お客様のウェブサイト
  2. メールアドレス
  3. Adsenseの情報

全て入力が終わったら「保存して次へ」をクリックしてください。

手順③:Googleアドセンスのアカウント作成

次に、Googleアドセンスのアカウントを作成していきます。

「国または地域を選択」「日本」を選択し、「はい、利用規約を確認し、内容に同意します。」にチェックを入れてください。

終わったら「アカウントを作成」をクリックしましょう。

手順④:お客様情報を入力

次に、お客様(登録主)の情報を入力していきます。

ここでは以下の項目を全て入力しましょう。

  • アカウントの種類
  • 名前と住所

全ての入力が終わったら「送信」をクリックしてください。

手順⑤:電話番号認証

次に、電話番号を認証していきます。

「電話番号を入力」→「SMSまたは通話」のどちらかを選択し、「確認コードを取得」で確認コードを確認します。

SMSの場合は電話番号宛にショートメッセージ、通話の場合は自身の電話番号に電話がかかってきます。
りょーた

「SNSまたは通話」で確認した「確認コード」を入力し、「送信」をクリックして完了です。

手順⑥:アドセンスとサイトをリンクさせる

次は、アドセンスとサイトをリンクさせていきます。

上記のように、AdSenseコードが表示されているのでコピーしてください。

 html
<script data-ad-client="任意の数字" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>

コピーしたAdSenseコードを審査するブログに貼り付けていきます。

header.phpのその他のコードを改変したり、間違って削除してしまうと不具合が出てしまう可能性があるので、年のためバックアップをとっておきましょう!詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。
りょーた
関連記事
【超簡単】UpdraftPlusならバックアップと復元がワンクリック!

続きを見る

基本的にテーマが変わっても「外観」→「テーマエディター」→「テーマヘッダー(header.php)」「<head></head>内」に貼り付ければOKです。

子テーマを使っている場合には、必ず親テーマに切り替えましょう。

コードを貼り付けたら「ファイルを更新」で完了です。

手順⑦:審査の申請

最後に審査の申請をしていきます。

審査するブログにAdSenseコードを貼り付けたら、Googleアドセンスのサイトに戻り、「サイトにコードを貼り付けました」にチェックを入れ、「完了」をクリックしましょう。

上記のように、「お客様のサイトを審査しています」との表示が出ればOKです。

審査期間は1日〜2週間程度になるので申請したら焦らず待ちましょう。

審査OK!

上記のようなメールがGmail宛に届いたら、Googleアドセンスの審査に無事、合格となります。

ちなみにこの時受かったブログの詳細は、以下になるので参考にしてみてください。

受かったブログ内容

  • 記事数:17記事
  • 文字数:1記事3000文字以上
  • カテゴリー数:3つ
  • 各カテゴリの記事数:3つ以上
  • アフィリリンク:なし
  • プライバシーポリシー:あり
  • プロフィール:あり
  • お問い合わせページ:あり
  • サイトデザイン:済み

上記の内容を満たしていれば、審査に受かる可能性大です。

複数のサイトを審査する場合

同一アカウントで登録する場合には、1つ目のサイトの審査が終わらないと別サイトの審査をすることはできません。

すぐに別サイトを審査したい方は、別のGoogleアカウントを取得して、同じ流れで審査しましょう。

同一アカウントで1つ目の審査が通って、別のサイトを審査する場合にはGoogleアドセンスサイトの「サイト」→「サイトを追加」をクリックして審査することができます。

Googleアドセンス広告の貼り方

Googleアドセンスの審査に受かったら、実際に広告を貼り付けていきましょう。

手順は以下になります。

  1. 広告ユニットを作成する
  2. 広告コードをコピーする
  3. 広告コードをサイトに貼り付ける

ちなみに、Googleアドセンス広告は審査中も貼り付けておくことができます。

審査中は表示されませんが、審査が終わったら自動的に表示されるようになるので事前に設定しておいた方がラクです。

また、審査中にアドセンス広告を貼ったからといって、審査に落ちるということはないので安心してください。

1つずつ解説していきます。

STEP.1 広告ユニットを作成する

まずは、ブログに表示させるアドセンス広告の種類を選んでいきます。

ちなみに、アドセンス広告には以下の5つの広告があります。

  1. ディスプレイ広告
  2. リンク広告
  3. インフィード広告
  4. 記事内広告
  5. 関連コンテンツ

また、一括で広告を自動表示してくれる自動広告というのもあります。

ただし、自動広告は広告の表示数が多すぎて離脱率の原因になるのであまりおすすめはしません。

ここに注意

2019年4月より広告ユニットが変更されたため、以下の3つのみとなります。※2019年4月以前に登録した方はリンク広告・関連記事広告も表示されている場合があります。

  • ディスプレイ広告
  • インフィード広告
  • 記事内広告

「広告」→「広告ユニットごと」「ディスプレイ広告」を選択します。

「広告ユニットの名前を入力」→「スクエア」→「レスポンシブ」と入力し、全て入力できたら「作成」をクリック

STEP.2 広告コードをコピーする

上記の枠内の広告コードを全てコピーします。

コピーする前に完了を押してしまった方

広告コードを再度確認したい場合には、「広告」→「広告ユニットごと」「<>」をクリックすれば表示できます。

STEP.3 広告コードをサイトに貼り付ける

先ほどコピーした広告コードを自分のサイトに貼り付けます。

具体的に、サイドバーに貼り付けるやり方をやってみましょう。

アドセンス広告の貼る位置

  • 目次上
  • 記事下
  • 関連記事内

これだけで十分です。

ぶっちゃけ広告が大量に貼ってあるサイトはウザいですよね
りょーた

Googleアドセンス広告を貼る際の注意点

広告を掲載する場合には、ポリシー違反とならないように貼り付ける必要があります。

Googleが掲げるポリシーは以下になるので、一度ご確認ください。

誤クリックの回避

  • 誤クリックの誘導
  • 広告の不自然なアピール
  • 誤解を招く見出しの下での広告配置
  • スクロールしなければ見えない位置にコンテンツを配置したサイト レイアウト
  • 画像と広告の並列配置
  • 広告フォーマットに似せたコンテンツ
  • 報酬の提供
  • 広告と Flash ゲームの間隔

適切な広告配置

  • 価値の高い広告枠
  • 自動更新広告
  • 手続き完了ページ、離脱ページ、ログインページ、エラーページでの広告掲載
  • 動的なコンテンツが主な要素となっているページやサイトでの広告掲載
  • メールでの広告掲載
  • ソフトウェア アプリケーションでの広告掲載
  • 別ウィンドウでの広告掲載
  • ポップアップ / ポップアンダー ウィンドウでの広告掲載
  • ポップアップまたはポップアンダーを表示するサイトでの広告掲載
  • Google が評価できないコンテンツでの広告掲載
  • 他のサイト運営者様と同じページやサイトでの広告掲載
  • ホスト型サイト(Blogger など)での広告掲載
  • ページに第三者のサイトを表示

引用:広告のプレースメントに関するポリシー

よくありがちなことは、ボタンやアフィリエイトリンクなどクリック要素が近いということです。

誤クリックの原因となるので注意してください。

また、「早く稼ぎたいから自分でクリックしよ」「友達や家族にクリックしてもらおう」といったこともNGとなるので楽して稼ごうという考えは捨て去りましょう。

知らずにポリシー違反した場合でも、必ずメールやホームページで修正項目が表示されるので、内容を確認して修正しましょう。
りょーた

Googleアドセンス広告導入後にやるべき3つのこと

Googleアドセンスを導入したあとにやるべきことは、以下の3つになります。

  1. ads.txtファイルの設置
  2. 住所確認
  3. 口座登録

1つずつ解説して行きます。

収益を受け取るために重要となるので、必ずやっておきましょう”!
りょーた

その➀:ads.txtファイルの設置

まずは、ads.txt(アズテキスト)を設置していきましょう。

ads.txtを設置することで、自分の運営しているサイトになりすまして、本来自分のサイトに掲載するはずの広告を不正に利用することを防ぐことができます。

必須ではないですが、Googleも推奨しているので設置しておくとよいでしょう。

当ブログでは、エックスサーバーを使っていますが、超簡単です!ads.txtの設置については、以下の記事で詳しく解説しているのでチェックしてみてください!
りょーた
関連記事
Googleアドセンスのads.txtを設置する【エックスサーバー】

続きを見る

その②:住所確認

Googleアドセンスで収益を受け取るためには、住所確認が必須となります。

住所確認をしないと、報酬が受け取れないですし、4か月が経ってしまうと、広告の配信が停止してしまいます。

そうなってしまうとまた審査する必要があります。

余計な手間がかからないように必ず「住所確認」をしておきましょう。

Googleアドセンスの住所確認については、以下の記事で詳しく解説しています!
りょーた
関連記事
Googleアドセンスの住所確認は必須!手順はたったの2つ

続きを見る

その③:口座登録

Googleアドセンスは8,000円に達したら、報酬が支払われます。

 

報酬を受け取るためには、銀行口座の登録が必要となっています。

 

Googleアドセンスの口座登録については、以下の記事で詳しく解説しています!
りょーた

 

関連記事
Googleアドセンスに口座を登録する3つの手順【収益獲得】

続きを見る

Googleアドセンス審査に落ちたときの対策【11のチェック項目】

万が一、審査に落ちてしまった場合は、以下の項目を1つずつチェックしていきましょう。

  1. 独自性の記事である
  2. 著作権違反をしていない
  3. 15記事以上公開している
  4. 1記事3000文字以上ある
  5. カテゴリーが3つ以上
  6. 各カテゴリーの記事が3つ以上
  7. サイトのデザインが整っている
  8. アフィリリンクは貼っていない
  9. お問い合わせを設置してある
  10. プライバシーポリシーを設置してある
  11. 運営者情報またはプロフィールを設置してある

上記の項目を全て満たしていれば、審査に受かる可能性は大です。

ただし、Googleアドセンスの審査基準は明確にはなっていないので絶対に受かるとは断言できません。

とはいえ、11のチェック項目を1つずつクリアしていけば受かるので、何度もトライ&エラーしましょう。

まとめ:Googleアドセンス審査に合格=読者に必要なサイト

今回はGoogleアドセンスの申請方法と受かる為のコツ、広告の貼り方について解説しました。

Googleアドセンスは、サイトに掲載された広告がクリックされるだけで、報酬が発生するため、初心者でも収益化しやすくなっています。

とはいえ、アドセンス広告だけで稼げるかと言われたら「No」です。

ブログで稼ぐのであれば、アドセンス広告とアフィリエイトサービス(ASP)を併用することが重要です。

関連記事
アフィリエイト初心者におすすめASPはこの5社【全14社から厳選】

続きを見る

-ブログ運営