BLOG

ブログはリード文で読まれるかが8割決まる【書き方と例文を解説】

リード文を書こうと思ったのですが、何を書いたら良いのかわかりません。そもそもリード文って必要なの?教えてください。

といった悩みにお答えします。

 本記事の内容

  • リード文って何?
  • リード文が必要な3つの理由
  • リード文の書き方を5つに分解して解説【書き方と例文を解説】

 本記事の信頼性


Ryota(@ryotablogger

ブログにおいて、リード文は本文よりも重要と言われていて、本文が読まれるかどうかはリード文で8割決まっています。

とはいえ、「リード文の書き方がわからない」「リード文ってなんでそんなに必要なの?」と思っている方は多いのではないでしょうか?

今回はリード文の重要性を理解して、読まれるための書き方を解説していきます。

本記事を読むことにより、読者に最後まで読まれるリード文が書けるようになります。

僕自身この書き方をして、平均ページ滞在時間が爆上がりしました。

3分ほどで読める内容となっているのでぜひ参考にしてください!
りょーた

リード文って何?

リード文って何?

リード文とは、文章の冒頭(導入)文になります。

ちなみにリードとは、日本語で「導入」という意味になります。

当記事を例に出すと、アイキャッチ画像下から目次の上までが全てリード文となります。

本記事のリード文

リード文を書こうと思ったのですが、何を書いたら良いのかわかりません。そもそもリード文って必要なの?教えてください。

といった悩みにお答えします。

 本記事の内容

  • リード文って何?
  • リード文が必要な3つの理由
  • リード文の書き方を5つに分解して解説【書き方と例文を解説】

 本記事の信頼性


Ryota(@ryotablogger

ブログにおいて、リード文は本文よりも重要と言われていて、本文が読まれるかどうかはリード文で8割決まっています。

とはいえ、「リード文の書き方がわからない」「リード文ってなんでそんなに必要なの?」と思っている方は多いのではないでしょうか?

今回はリード文の重要性を理解して、読まれるための書き方を解説していきます。

本記事を読むことにより、読者に最後まで読まれるリード文が書けるようになります。

僕自身この書き方をして、平均ページ滞在時間が爆上がりしました。

3分ほどで読める内容となっているのでぜひ参考にしてみてください!
りょーた

ぱっと見、なんでもないような文章だと思われがちですが、かなり重要なことが書いてあります。

リード文には何が書いてあるのかというと、

  1. 読者の悩み
  2. 記事の要約
  3. 記事の信頼性
  4. 記事への共感
  5. 記事を読むメリット&結論

上記のように、本文を読まなくても読者は悩みを解決することができます。

リード文が必要な3つの理由

リード文が必要な3つの理由

リード文がなぜ必要なのかは、以下の3つの理由があります。

  1. 記事を読むかどうかの判断材料となる
  2. 読者に興味をもってもらうことができる
  3. 滞在時間が上がるので、SEO対策に効果的

1つずつ解説していきます。

その①:記事を読むかどうかの判断材料となる

1つ目の理由は、「記事を読むかどうかの判断材料となる」ということです。

前項でもお伝えしましたが、「どういった悩みの方に向けていて、どんな内容で、読むとどうなるのか」といったことが、リード文には全て詰め込まれています。

そのため自分にとって必要な内容なのかをリード文で判断することができます。

例えば、気になる小説があってどんな内容かなとあらすじを読むと思いますが、面白そうだったらそのまま読み進めるし、面白くなさそうだったら本を閉じますよね。

上記のように、リード文は記事を読み進めるかの判断基準となります。

その②:読者に興味を持ってもらうことができる

2つ目の理由は、読者に興味を持ってもらうことができます。

たまたま自分のブログに来てくれた方に対しても効果的です。

特にブログを始めたばかりだと、検索上位に表示されていない場合が多いですが、キーワードによってはたまたまブログにたどり着いたという読者もいます。

とはいえ、たまたまたどり着いたブログでもリード分がしっかりと書いてあれば、ちょっと読んでみようかなと読者が興味を持つ可能性は高いです。

その③:滞在時間が上がるので、SEO対策に効果的

3つ目の理由は、「滞在時間が上がるので、SEO対策に効果的」ということです。

例えば、リード文がないまたは、リード文の内容を読んでも「自分の探している答えが見つからないかも」と読者に思わせてしまうと、自分のブログに訪れた読者はすぐに離脱してしまいます。

そうなってしまっては、滞在時間が低く、離脱率が上がってしまい、他の記事も読んでもらえないといった悪循環になってしまいます。

結果的に「読者に役立つ記事ではない」と判断されてしまいSEOにも悪影響を与えてしまいます。

逆に、リード文をしっかりと書くことにより、滞在時間が上がり、他の記事も読んでもらうことができるので「読者に役立つ記事」と判断されるのでSEO対策に効果的となります。

ちなみに離脱率や滞在時間はGoogleアナリティクスで確認することができるのでまだ導入していない方は、Googleアナリティクスの設定と使い方【解析のコツを伝授】を参考にしてみてください。

リード文の書き方を5つに分解して解説【書き方と例文を解説】

リード文の書き方を5つに分解して解説【書き方と例文を解説】

早速、リード文の書き方を当記事を参考に、5つに分解して解説していきます。

  1. 読者の悩み
  2. 記事の要約
  3. 記事の信頼性
  4. 記事への共感
  5. 記事を読むメリット&背中をプッシュ

1つずつ解説していきます。

手順①:読者の悩みを明確化

まずは読者の悩みを明確化していきます。

読者の悩みを明確化することにより、どういった悩みを抱えているのかをパッと見で理解することができます。

また、ただ文章で伝えるのではなく、会話調にすることにより「自分と照らし合わせて読む」感情を引き込むことができます。

記事を書く前に、箇条書きでいいのでどんな悩みを持っているかを設定しておいて、それを繋いで文章にするだけです!
りょーた

手順②:記事の要約

次に記事の要約をまとめていきます。

ここで記載する内容は、記事に何が書いてあるのかを明記すれば良いのですが、僕は記事の見出し(h2)部分をまとめて記載しています。

なぜ見出しを記載しているのかというと、記事の内容を一目で伝えることができるからですね。

分かりやすくいえば、記事の要約は目次と同じ役割をしているので、記事の内容が一目で分かるように記載してあげればOKです。

もちろん目次じゃなくても良いですが、記事の内容がパッと見で分かるようにしましょう!
りょーた

手順③:記事の信頼性を担保

次に、記事の信頼性を担保していきます。

例えば、「本記事はブログ歴1ヵ月の会社員が書きました」と「本記事はブログ歴1年半のWeb担当者が書きました!」だと明らかに後者の方が信頼できますよね?

そういった感じで、どういった人が書いているのかを明示してあげることにより、信頼性を担保することができ、説得力が増します。

手順④:記事への共感を得る

次に、記事への共感を得ていきます。

例えば、本記事では「リード文の書き方がわからない」「リード文ってなんでそんなに必要なの?」と思っている方は多いのではないでしょうか?といった文章を書いていますが、確かに!と思った方が1人でもいればOKです。

基本的に記事は1人の読者に書くものであるため、手順①の悩みをもった読者がたった1人でも共感してくれれば良いわけです。

もっと分かりやすく言えば、友達と話していて、「僕も同じこと思った!」なんていう時には会話を進めたくなりますよね?

このように、リード分で共感を得ることで、記事を読み進めたくなるのです。

共感とは「感情を共有する」ということなので読者がどう思っているのかを理解することが重要です!
りょーた

手順⑤:記事を読むメリット&背中をプッシュ

読者が共感したらあとは、記事を読むメリットを伝えて、背中を押してあげるだけです。

当記事を例にしてみると、

  • 読者に最後まで読まれるリード分が書けるようになります。
  • 平均ページ滞在時間が爆上がりしました。
  • 3分ほどで読める内容となっている

上記の文章を読んだ読者は、「最後まで読まれるリード分が書けて、平均ページ滞在時間も上がるんだ!しかも3分で読めるんなら読んでみようかな?」と思うはずです。

メリットを伝えて、背中を押してあげれば、読者の心をつかんだも同然です!
りょーた

リード文をスラスラ書くための型

リード文をスラスラ書くための型

書き方が分かったら、以下の型を使って今後の記事作成に役立てましょう。

リード文をスラスラ書くための型

【読者の悩み】
〇〇わかりません。〇〇を教えてください。

といった疑問にお答えします。

【記事の要約】
本記事の内容
・見出し(h2)
・見出し(h2)
・見出し(h2)
・見出し(h2)

【記事の信頼性】
本記事を書いている僕は、〇〇です。

【記事への共感】
〇〇と思っている方は多いのではないでしょうか?

【記事を読むメリット&背中をプッシュ】
今回は〇〇を解説していきます。

本記事を読むことにより、〇〇ができるようになります。

僕は、〇〇になりました。

〇〇なのでぜひ参考にしてみてください!

ここまで出来たら、あとはひたすら記事を書いて、書き方をマスターしましょう!
りょーた

まとめ:ブログにおいてリード文は生命線

まとめ:ブログにおいてリード文は生命線

今回はブログにおいてリード文は重要度8割です【書き方と例文を解説】といった内容を解説しました。

リード文が必要な理由は以下の3つになります。

  1. 記事を読むかどうかの判断材料となる
  2. 読者に興味をもってもらうことができる
  3. 滞在時間が上がるので、SEO対策に効果的

また、リード文の書き方は以下の5つを順番に書いていく流れとなります。

  1. 読者の悩み
  2. 記事の要約
  3. 記事の信頼性
  4. 記事への共感
  5. 記事を読むメリット&背中をプッシュ

リード文をなんとなくで書いていた方は、今一度見直してみてください。

また、「流入はあるけど、なかなか記事を読んでもらえない」「離脱率が多く、滞在時間が短い」という方も参考にして改善してみましょう。

-BLOG