AFFINGER5

アフィンガー5の記事作成で便利な機能5つの使い方を解説する

アフィンガーの初期設定まで終わったのですが、いざ記事を書こうと思っても使い方が全く分かりません。初心者でも使いこなせるようになりますか?

といった悩みにお答えします。

 本記事の内容

  • アフィンガーの記事作成で便利な機能5つの使い方を解説する

 本記事の信頼性


Ryota(@ryotablogger

アフィンガー5には機能がたくさんあって、使い方がわからないという方が多いようです。

とはいえ、アフィンガーの機能を全て使いこなす必要はありません。

なぜなら、全て使いこなせるまでに時間がかかるからです。

本記事を読むことにより、アフィンガーで記事作成するときによく使う、便利な機能を知ることができるので、全ての使い方を覚える必要がなくなります。

そうすることで、アフィンガーを最も効率の良く使う事ができます。

アフィンガー5の初期設定がまだ終わっていない方は、以下の記事を参考にしてみてください!
りょーた
アフィンガー5の初期設定7つを最速で終わらせる【基本設定も解説】

続きを見る

まだAFFINGER5を導入していない方は、アフィンガー5は買って損なし!リアルな感想を初心者向けにレビューもチェックしてみてください。

フィンガーの記事作成で便利な機能5つの使い方を解説する

アフィンガーの記事作成で便利な機能5つの使い方を解説する

僕が記事作成するときに使っている機能は以下の5つだけです。

  1. 文字の装飾
  2. ボックスデザイン
  3. リスト
  4. 会話吹き出し
  5. ブログカード

「アフィンガーにはたくさん機能があるのに、なぜ他の機能も使わないの?」といったことを聞かれそうなので、先にお応えすると、

「統一感がなくなり、読みにくい文章となってしまうからです。」

たまに、装飾やデザインを盛り込み過ぎて、文章が読みにくいといったブログに出会ったことはありませんか?

そういったブログに出会った方はおそらく、そのページから離れるのではないでしょうか?

そうなることで、離脱率が上がってしまい、結果的にSEOに悪影響をもたらしてしまいます。

そうなってはせっかく稼げるテーマであっても意味がないので、必要最低限に読者が読み飽きないブログの装飾を心がけています。

その①:文字の装飾

その①:文字の装飾

1つ目は、文字の装飾です。

アフィンガー5の文字装飾には以下のようなものがあります。

  • 太字
  • マーカー
  • 小文字

他にもたくさんありますが、僕は基本的にこの3つだけを使用しています。

1つずつ使い方を解説していきます。

 太字

通常、文字を太くする際には、Bボタンを押す方が多いと思うのですが、strongタグを使用するため、検索エンジンに重要なキーワードだと伝える役割もしています。

そのため、乱用するとSEOに悪影響を与えてしまいます。(関連:【SEOに悪影響】strongタグの多用はNG…太字タグに置換する方法

そうならないようにアフィンガーには、SEOに悪影響を与えない「spanタグ」を使った太字をワンクリックで反映させることができます。

使い方はとても簡単で、太字にしたい文字をドラックして「太字」をクリックするだけです。

Bタグとは違い、SEOに悪影響を与えることはないですが、重要な文言のみを太字にするようにしましょう!
りょーた

 マーカー

マーカーは文字に色の付いた線を引く機能です。

使い方としては、重要な箇所に使うといった感じでOKです。

前項の太字と一緒に使うと、より視覚的に目立って強調されるので、読者の目に留まります。

またマーカーを使う際には、自分の中でルールを決めて使い分けるようにしましょう。

ちなみに僕は、「赤マーカー」と「青マーカー」しか使わないのですが、自分ルールは以下のように設定しています。

  • 赤マーカー:デメリット、否定的(マイナス)な文章
  • 青マーカー:メリット、肯定的(プラス)な文章

自分の中でルールを決めておくことにより、読者に重要なポイントをわかりやすく伝えることができます。

かなり目立つ分あまりにも多いと、目に負担がかかってしまい読むのが疲れてしまうので、各見出し多くても2つまでにしておきましょう!
りょーた

 小文字

小文字は基本的に文章の補足に使っています。

例えば、注意事項がある場合や、商品を紹介した際の補足に必要だけど、大きく書く必要がない場合には、小文字機能を使っています。

以下の画像のような感じです。

ポイントは色を変えることで、文字の大きさは小さいけど読んでねとアピールすることができます。

ただし、「重要なことだけど、小さくして分かりにくくした」ということは絶対にしないように注意しましょう。

意識して読むことがなくても、潜在的に読んでしまうので、小文字でも重要です!
りょーた

その②:ボックスデザイン

その②:ボックスデザイン

2つ目は、ボックスです。

ボックスにもたくさんの種類がありますが、基本的に2つしか使っていません。

  1. ボックス:グレー
  2. ボックスデザインのマイボックス:基本
  3. ボックスデザインのマイボックス:しかく(枠のみ)

ボックスも文字の装飾同様、いろいろな種類のものを使うと、読みにくい原因となるので、自分の中でルールを決めて使いましょう。

具体的には、以下のような感じです。

 記事の内容、重要なことを伝えるとき

任意の文字列

 HTML
<div class="graybox">
任意の文字列
</div>

 補足事項や重要事項を説明するときに使用

具体例

任意の文字列

 HTML
[st-mybox title="具体例" fontawesome="fa-check-circle" color="#ef5350" bordercolor="#333333" bgcolor="#FFF8E1" borderwidth="2" borderradius="5" titleweight="bold" fontsize="" myclass="st-mybox-class" margin="25px 0 25px 0"]
任意の文字列
[/st-mybox]

 注意事項を説明するときに使用

具体例

任意の文字列

 HTML
[st-mybox title="具体例" fontawesome="fa-exclamation-circle" color="#ef5350" bordercolor="#333333" bgcolor="#ffebee" borderwidth="2" borderradius="5" titleweight="bold" fontsize="" myclass="st-mybox-class" margin="25px 0 25px 0"]
任意の文字列
[/st-mybox]

といった感じです。

自由にカスタマイズできますが、当ブログと同じように使いたい方はコピペして使ってください。

その③:リスト

その③:リスト

3つ目は、リストです。

リストは複数の項目を箇条書きのリスト形式で表示してくれます。

また数字やチェックボックス等、リストの用途に合わせて変えることが出来るので頻繁に使っています。

リストだけだと、視覚的に目立たないので、ボックスデザインのマイボックス:しかく(枠のみ)と組み合わせて使っています。

ちなみにリストの使い方ルールは以下のような感じです。

  1. 手順や複数のものを紹介するとき:リスト+しかく(枠のみ)
  2. 手順中など入力する個所を紹介するとき:リストのみ

上記のような感じですね。

リストは箇条書きで読みやすいというメリットがありますが、長文をリスト形式で表示させると逆に見にくくなってしまうので、短い文章が必須となります。

その分、記事の文字数が少なくなってしまうので、追記が必要といったデメリットもあります。

本記事でもリストを使っていますが、見やすくなっていると思います。1つの見出しで複数の項目がある場合には、パッと見て分かるので読者が知りたい情報をすぐ探せます!
りょーた

その④:会話吹き出し

その④:会話吹き出し

4つ目は、会話吹き出しです。

アフィンガーの会話吹き出しは以下のようなメリットがあります。

  • 漫画感覚で読める
  • 滞在時間が上がる
  • SEOで評価される

アフィンガーの会話吹き出しを使うことにより、漫画感覚で読めるので離脱率が減り、必然的に滞在時間が長くなります。

また、独自性としてもSEO面でも効果的なのでデメリットはありません。

マイナス要素はないので、まだ使っていない方はこの機会に設定しておきましょう!次は設定と使い方を解説していきます!
りょーた

詳しい使い方や設定についてはアフィンガー5の会話吹き出しの設定と使い方【独自性UP】で詳しく解説しています。

その⑤:ブログカード

その⑤:ブログカード

5つ目は、ブログカードです。

ブログカードは、アイキャッチも表示されるため、とてもキャッチ―で目立ちます。

また、内部リンクとしてSEO対策にも効果的となっています。

ただし、読者が広告と間違えてしまうといったデメリットがあるので正しい使い方をしないとブログカードがクリックされず、内部リンクの意味がなくなってしまうので気を付けましょう。

広告と間違われないように、会話吹き出しと併用して使うのがおすすめです。

例えば、以下のような感じです。

こうすることにより、読者に記事だと認識してもらうことができるので見逃しがなくなります。

詳しい使い方や設定についてはアフィンガー5のブログカードを効果的に使う【テキストリンクとの違い】で詳しく解説しています。

まとめ:アフィンガーの使い方は最低限覚えておけばOK!

まとめ:アフィンガーの使い方は最低限覚えておけばOK!

今回はアフィンガーの記事作成で便利な機能5つの使い方を解説するといった内容を解説しました。

あくまで、僕自身のルールに基づいた記事作成における便利な機能になります。

人それぞれサイトの構成やデザインによって変わってくるので、自分に合った使い方を探してみてください。

-AFFINGER5