AFFINGER6

アフィンガー5の子テーマは絶対に必要!導入方法もあわせて解説

アフィンガー5ではなぜ子テーマを使用しなければいけないのでしょうか?子テーマの導入方法もあわせて教えてください。

といった悩みにお答えします。

 本記事の内容

  • アフィンガー5の子テーマとは?【絶対に必要な理由】
  • 子テーマの導入方法
  • 当ブログではカスタマイズ済みの子テーマを特典としてお付けします!

 本記事の信頼性

りょたみぽブログ
りょーた(@ryotablogger

結論からお伝えすると、アフィンガー5を導入したら絶対に子テーマを使う必要があります。

とはいえ、「アフィンガー5にはなぜ子テーマが必要なの?」「子テーマの導入方法を知りたい!」と思っている方は多いのではないでしょうか?

今回は、アフィンガー5の子テーマについて解説していきます。

本記事を読むことにより、アフィンガー5の子テーマがなぜ必要なのか?子テーマをどうやって導入したらいいのかを知ることができます。

アフィンガー5をカスタマイズする上で超重要なことなので、まだ子テーマを導入していない方は、本記事を参考にして導入しておきましょう。

AFFINGER5だけでなく、子テーマはWordPressテーマを使う際に絶対に必要です!
りょーた

アフィンガー5の子テーマとは?【絶対に必要な理由】

アフィンガー5を購入した際に同梱されている「子テーマ」とは、親テーマに影響されずにカスタマイズできるテーマのことです。

例えば、親テーマがアップデートされた場合でも、子テーマでブログのカスタマイズや設定をすることにより、親テーマの影響を受けないため、カスタマイズや設定がリセットされることがありません。

つまり、最新の状態を保ったまま、今までのカスタマイズや設定を引き継ぐことができます。

逆にいってしまえば、親テーマでカスタマイズや設定をしていた場合、全てリセットされる可能性があるということです。

何時間もかけて行ったカスタマイズや設定を、もう一度やり直さなくてはいけなくなってしまうので、子テーマは絶対に必要ということです。

子テーマを導入しておけば、そういったリスクを回避することができます!
りょーた

子テーマの導入方法

それでは実際にアフィンガー5に子テーマを設定していきましょう。

手順は以下の通りです。

  1. 親テーマをインストール
  2. 子テーマをインストール→有効化

順番に解説していきます。

手順①:親テーマをインストール

WordPress管理画面より、「外観」「テーマ」「新規追加」をクリックしてください。

「テーマのアップロード」をクリックして、「ファイルを選択」をクリックしましょう。

「wing_af5_dll」の中にある「affinger5.zip」を選択し、「開く」をクリック。(「affinger5.zip」はデスクトップに貼り付けておきましょう。)

「affinger5.zip」が選択できたら、「今すぐインストール」をクリックしてください。

上記の画面が表示されれば「affinger5.zip(親テーマ)」のインストールが完了です。

次に子テーマをインストールしていくので、「テーマのページに戻る」をクリックしましょう。

親テーマは有効化しなくてOKです!
りょーた

手順②:子テーマをインストール→有効化

次に、親テーマ同様、子テーマ「affinger5-child.zip」もインストールしていきます。

「新規追加」をクリックしてください。

「テーマのアップロード」をクリックして、「ファイルを選択」をクリックしましょう。

「wing_af5_dll」の中にある「affinger5-child.zip」を選択し、「開く」をクリック。(「affinger5-child.zip」はデスクトップに貼り付けておきましょう。)

「affinger5-child.zip」が選択できたら、「今すぐインストール」をクリックしてください。

上記の画面が表示されれば「affinger5-child.zip(子テーマ)」のインストールが完了です。

最後に「有効化」をクリックすれば完了です。

お疲れ様でした!これで子テーマの導入が完了です!
りょーた

まとめ:アフィンガー5に子テーマは必須!

今回は、アフィンガー5の子テーマは絶対に必要!導入方法もあわせて解説といった内容を解説しました。

もう一度おさらいをすると、

 アフィンガー5の子テーマの必要性

アフィンガー5の子テーマを導入することで、親テーマがアップデートされた場合でも、子テーマで行ったカスタマイズや設定が上書きされることがないので、絶対に導入しておく必要があります。

また導入方法はとても簡単で、以下の手順でできます。

 子テーマの導入手順

  1. 親テーマをインストール
  2. 子テーマをインストール→有効化

子テーマを導入せず親テーマでカスタマイズしている方は、面倒ですが、子テーマを導入してカスタマイズや設定を変えておきましょう。

また、これからAFFINGER5を購入予定の方は必ず子テーマを導入しておきましょう。

AFFINGER5の記事一覧へ

-AFFINGER6